ハードコアゲーマーのためのWebメディア

呪怨の海外ゲーム版『JU-ON』のプレス用パッケージがかなりの恐怖体感だった

家庭用ゲーム Wii

ホラー映画『呪怨』シリーズをWiiでゲーム化した『恐怖体感 呪怨』。海外ではJU-ON: The GrudgeというタイトルでXSEEDが10月13日に発売しました。Grudgeは「恨み, 遺恨, 怨恨」といった意味なのでタイトルが「呪怨: 怨」になってしまうのはおいておきましょう。

ゲームの発売時には、レビュー用にプレスには事前にソフトが送られます。JU-ONも同様に各プレスに送られたようなのですが、そこで送付されたパッケージが、ただのゲームソフトにとどまらない、ゲームを超える(?)かなりの恐怖体感となっていたようです。海外サイトDestructoidの報告をお伝えします。

* * * * * * *


FedEXの封を開けると中から茶封筒が出てきた。血のようなものがべったりとついており、なにやら髪の毛のようなものがすきまからのぞいているが……


……! 茶封筒からぐしゃぐしゃになった髪の毛の束が出てきた


肝心のゲームソフトは……血にまみれた包帯でぐるぐるに巻かれている


白い箱が出てきた。こちらも血まみれになっている


箱の中から出てきたのは……電池と鍵……? このゲームのポイントとして、懐中電灯のために電池を集めるのというのがある。これはまだ分かるが……鍵? 全く分からない。私の家で試したけど何も開かなかった。信じてほしい、私は全て試してみたんだ!

* * * * * * *


こんな気合いの入ったパッケージを送るXSEEDもすごいですが、鍵が使えるかどうか試す(本当に試したかはともかく)レビュアーもお茶目ですね。もしこの鍵で家の何かが開いたらそれこそ怖いです。鍵はけっきょく「なんとなく伝統的に怖い」ということで落ち着いたようです。さて私は、これを書いている間にXSEEDのメッセージに気がつきました。「このゲームは、電池が鍵ですよ」というメッセージに……。

実際に送られてきたらかなりホラー(というか髪の毛とかどうしろと……)なこのパッケージで、JU-ON: The Grudgeの恐怖、あるいはパブリッシャーのやる気はレビュアーに十分伝わったはず。さて、肝心のゲームの評価は……少々残念なことになっていました。(ソース・イメージ: Destructoid)


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

    『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  2. PS4版『No Man's Sky』オンライン要素にPS Plusは不要―海外報道

    PS4版『No Man's Sky』オンライン要素にPS Plusは不要―海外報道

  3. PC/PS4/XB1版『Marvel: Ultimate Alliance』2作品が発表、海外で今週リリース

    PC/PS4/XB1版『Marvel: Ultimate Alliance』2作品が発表、海外で今週リリース

  4. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  5. 『Fallout 4』Vault建築運営DLC『Vault-Tec Workshop』のディテール公開―追加クエストも!

  6. 『INSIDE』序盤30分ゲームプレイ映像!『Limbo』開発元の新作

  7. PSVRの予約再開は「準備が整い次第」…公式サイトやメルマガで案内

  8. Xbox One本体のさらなる値下げが米国向けに発表!―新モデル発売に向けての在庫整理か

  9. Xboxゲーマータグが5年不使用で無効化!Microsoft、サービス規約更新を発表

  10. レトロスタイルの2Dソニック新作『Sonic Mania』が海外発表!―シリーズの原点に回帰

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top