Xbox 360用非公認メモリーの対応取りやめにメーカーやユーザーから不満の声 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Xbox 360用非公認メモリーの対応取りやめにメーカーやユーザーから不満の声

家庭用ゲーム Xbox360



先週マイクロソフトが、Xbox LIVEの次期アップデート以降非認可のXbox 360用メモリーユニットが使用できなくなると発表した問題で、サードパーティーメーカーやユーザーから批判の声が高まり波紋を呼んでいます。

最初に発表が行われたMajor Nelson氏のブログには、400を超えるコメントが寄せられ、中には「純正品を使っているので問題ない」「海賊版やチート対策になるので歓迎」といった意見もありますが、そのほとんどは怒りの混ざった批判的な内容になっています。

マイクロソフトの純正メモリーユニットは容量512MBのものが約30ドルで販売されていますが、海外ではDatel製の2GBメモリーカードが40ドル程度で広く販売されており、こうした安価なストレージデバイスを使用するユーザーからの苦情が相次いでいる他、オークションなどで入手した非認可なのかはっきりしないハードディスクを使用するユーザーからも、アップデート後に突然使用できなくなるのでは、と心配する声が出ています。

また、非公認のMax Memory Cardを販売するサードパーティーのDatelも、「マイクロソフトがユーザーの選択の自由を阻むのは残念」とのコメントを発表。

こうした反響を受けて、Major Nelson氏は「コメントは全て読んで興味深い意見については話し合う」とブログのコメント欄で回答しています。(ソース: GamePolitics, CVG)


【関連記事】
マイクロソフト、アバター用のバーチャルアーケードルームを準備中?
マイクロソフト、Natalの価格設定について言及。最初は高め、徐々に値下げ?
マイクロソフトのMajor Nelson、自身がシークレットプロジェクトに関わっている事を明らかに
マイクロソフト、韓国のオンラインゲーム事業に1,900万ドルを投資
マイクロソフトのベテラン幹部Shane Kim氏が引退。後任にPhil Spencer氏
FASA Studio創設者「マイクロソフトに開発文化を破壊された」
Xbox LIVEで100人までしかフレンド登録できない理由は『Halo 2』?
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

    『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  2. 【特集】『FINAL FANTASY XV』購入前のFAQ!―気になる情報を総まとめ

    【特集】『FINAL FANTASY XV』購入前のFAQ!―気になる情報を総まとめ

  3. 【特集】編集部が独断で選ぶ『バトルフィールド1』オススメ武器ベスト10

    【特集】編集部が独断で選ぶ『バトルフィールド1』オススメ武器ベスト10

  4. ウィラメッテに再臨間近!『デッドライジング 4』海外ローンチ映像

  5. 川下りADV『The Flame in the Flood』のPS4版が発表!―海外で2017年にリリース

  6. 『バイオ7』の新スクリーンショットや動画が続々公開!新たな敵「モールデッド」やベイカー一家のおぞましい”力”とは

  7. PS Plusの12月配信注目コンテンツをご紹介―PS4『FF15』サントラ・Vita『絶対絶望少女 ダンガンロンパ』など!

  8. PS4版『ARK: Survival Evolved』海外発売日決定!―拡張パック「Scorched Earth」も同梱

  9. PS4版『Fallout 4』『Skyrim Special Edition』のMod対応が再発表!

  10. 『ウォッチドッグス2』日本語吹替版トレイラー公開!藤原啓治など声優一覧も

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top