ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

Xbox 360用非公認メモリーの対応取りやめにメーカーやユーザーから不満の声

October 21, 2009(Wed) 17:14 / by Rio Tani



先週マイクロソフトが、Xbox LIVEの次期アップデート以降非認可のXbox 360用メモリーユニットが使用できなくなると発表した問題で、サードパーティーメーカーやユーザーから批判の声が高まり波紋を呼んでいます。

最初に発表が行われたMajor Nelson氏のブログには、400を超えるコメントが寄せられ、中には「純正品を使っているので問題ない」「海賊版やチート対策になるので歓迎」といった意見もありますが、そのほとんどは怒りの混ざった批判的な内容になっています。

マイクロソフトの純正メモリーユニットは容量512MBのものが約30ドルで販売されていますが、海外ではDatel製の2GBメモリーカードが40ドル程度で広く販売されており、こうした安価なストレージデバイスを使用するユーザーからの苦情が相次いでいる他、オークションなどで入手した非認可なのかはっきりしないハードディスクを使用するユーザーからも、アップデート後に突然使用できなくなるのでは、と心配する声が出ています。

また、非公認のMax Memory Cardを販売するサードパーティーのDatelも、「マイクロソフトがユーザーの選択の自由を阻むのは残念」とのコメントを発表。

こうした反響を受けて、Major Nelson氏は「コメントは全て読んで興味深い意見については話し合う」とブログのコメント欄で回答しています。(ソース: GamePolitics, CVG)


【関連記事】
マイクロソフト、アバター用のバーチャルアーケードルームを準備中?
マイクロソフト、Natalの価格設定について言及。最初は高め、徐々に値下げ?
マイクロソフトのMajor Nelson、自身がシークレットプロジェクトに関わっている事を明らかに
マイクロソフト、韓国のオンラインゲーム事業に1,900万ドルを投資
マイクロソフトのベテラン幹部Shane Kim氏が引退。後任にPhil Spencer氏
FASA Studio創設者「マイクロソフトに開発文化を破壊された」
Xbox LIVEで100人までしかフレンド登録できない理由は『Halo 2』?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image