ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『Fable III』はProject Natalに対応、アイテム課金システムも検討中

October 22, 2009(Thu) 12:16 / by Rio Tani



gamescomでの正式発表以来ほとんど情報が出ていないFable IIIですが、昨夜ロンドンで行われたBAFTA(British Academy of Film and Television Arts)のレクチャーで、リードデザイナーのPeter Molyneux氏が新たなディテールを発表しています。

Molyneux氏はまず、Fable IIIがマイクロソフトのモーションセンシングカメラProject Natalに対応することを正式に認めたそうです。どのような形で対応するかは明かしませんでしたが、主人公が支配者になって国を統治するというユニークなシステムを持つ本作なら、Natalでのゲームプレイは興味深いものになりそう。

また、Fable IIIではリアルマネーで買い物ができる“インゲームショップ”の導入も検討しているとのこと。インゲームショップではプレイヤーがプレミアムアイテムを購入可能で、例えば武器なら1英ポンド(150円程度)で、前作のKnothole Islandのような追加エリアへ移動する場合はもう少しコストが高くなるようです。

Fable IIIはXbox 360専用で2010年に発売予定。詳しくは発表当初のプレビュー記事をご覧ください。(ソース: Shacknews via That VideoGame Blog)


【関連記事】
Lionhead、『Fable III』を発表。主人公が世界を支配する権力シミュレーションRPGに
第1弾チャプターは無料!『Fable II』がエピソーディック配信に
ピーター・モリニュー「体験版は嫌いだ、ゲーム本編の45分を無料で提供すべき」
E3 09: ピーター・モリニュー、Microsoft Games Studiosのクリエイティブディレクターに昇進
E3 09: ピーター・モリニューの新プロジェクトはモーションカメラ対応の『Milo』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image