ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ドイツ版『Call of Duty: Modern Warfare 2』ではあの民間人襲撃シーンに一部変更が

PC Windows

※問題の民間人襲撃シーン(高画質版)

その衝撃的な内容が波紋を呼んだCall of Duty: Modern Warfare 2のテロリストによる民間人襲撃シーンですが、暴力表現への規制が厳しいドイツで発売されるバージョンではそのシーンに一部変更が加えられており、「民間人を撃つとゲームオーバー」になってしまうそうです。

この変更はドイツのファンから文句が出そうですが、よく考えれば襲撃シーン自体がカットされてしまう恐れもあったわけで、むしろこの程度の変更で済んだことを喜ぶべきなのかもしれません。ただ開発者側からしたら全ての地域で同じ内容の作品がプレイできることを望んでいるでしょうね……。
(ソース: Destructoid, ビデオ: YouTube)


【関連記事】
『Modern Warfare 2』のテロリスト襲撃シーンに波紋、オーストラリアで発売禁止の恐れも
Activision:『Modern Warfare 2』のテロリスト動画は本物、スキップの選択肢も用意
テロリストとなって空港を襲撃する『Modern Warfare 2』のゲームプレイ映像が流出!?
「Steamはトロイの木馬」ライバルストアがPC版『Modern Warfare 2』の販売を拒絶
Eminemのライムが炸裂する『Modern Warfare 2』ファイナルローンチトレイラー
PC版『Modern Warfare 2』マルチプレイ対戦人数は前作32人から18人に変更

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. フェチ詰め込みすぎな三人称パズルACT『Haydee』が配信開始!―主人公が艶めかしい…

    フェチ詰め込みすぎな三人称パズルACT『Haydee』が配信開始!―主人公が艶めかしい…

  2. PC向け1人称ステルスホラー『Hello Neighbor』アルファ版登録開始―恐ろしい隣人を欺き秘密に迫れ

    PC向け1人称ステルスホラー『Hello Neighbor』アルファ版登録開始―恐ろしい隣人を欺き秘密に迫れ

  3. Ubisoft30周年記念!PC版『The Crew』無料配布開始―日本語にも対応

    Ubisoft30周年記念!PC版『The Crew』無料配布開始―日本語にも対応

  4. PC版『レインボーシックス シージ』低価格「スターターエディション」が限定復活

  5. 宇宙にも飛び出す惑星サバイバル『Osiris: New Dawn』がSteam早期アクセス開始!

  6. PC版『Quantum Break』Steamで配信開始!日本語インターフェース/字幕をサポート

  7. 柴犬との生活を描く新作ゲーム『Year of the Dog』が開発中―サンフランシスコが舞台

  8. Steam版『怒首領蜂大復活』10月14日配信決定、配信開始から1週間は15%OFF

  9. 『War Thunder』最新アプデ1.63「砂漠のハンター」配信!20以上の車輌が追加

  10. PC版『マインクラフト』新Snapshot配信、新たな動物やブロック収録

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top