トップにはロシア語のメッセージ。『Splinter Cell Conviction』の公式サイトがハッキングされる | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

トップにはロシア語のメッセージ。『Splinter Cell Conviction』の公式サイトがハッキングされる

PC Windows


UbisoftはTwitterにてSplinter Cell Convictionの公式サイトがハッキングされたことを報告しました。早急に復旧できるよう問題に対処していると伝えられていますが、トップページには今なお謎めいたロシア語のメッセージが表示されています。

またトップページの右下にGPS座標が表示されていたり(場所はロシア、サンクトペテルブルグのネフスキー大通りを指している)、ソースコードにアスキーアートロゴへのリンクが隠されていたりと謎は深まるばかり……。しかしながらこのハッキング被害は単なる演出であり、Ubisoftによるバイラルマーケティングの一環なのではないかとの指摘もされています。

よくよく考えれば、Webサイトがハッキングされた場合そのサイトを閲覧した人がウイルスに感染する可能性もある訳ですから、公式ページへのアクセスを控えるよう注意があっても良いはず。しかしそういった警告は一切無いので、やはり指摘されているようにUbisoftによるバイラルマーケティングなのでしょうか?
(ソース: Ve3tro)


【関連記事】
『Splinter Cell Conviction』拷問シーンにゲーム内広告を採用?Ubisoftがコメント
限定アイテムを多数収録!『Splinter Cell: Conviction』のコレクターエディション発表
サム・フィッシャーの華麗なアクションが満載!『Splinter Cell Conviction』ゲームプレイ映像
『Splinter Cell Conviction』のコレクターズエディションはサム・フィッシャーのフィギュア付き!
TGS 09: 『Splinter Cell Conviction』の発売日が遂に決定!
TGS 09: Game*Sparkインプレッション 「UBISOFTブース」
あの教会シミュレーターは『Dante’s Inferno』のバイラルマーケティングだった
『Dante's Inferno』の抗議運動、実はEAのバイラルマーケティングだったことが判明
『Half-Life』新作…?あまりにも壮大な謎のバイラル映像がYouTubeに出現

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. SNSでプレイヤーの性格を武器にするACT『Last Standard』がSteam Greenlight登場

    SNSでプレイヤーの性格を武器にするACT『Last Standard』がSteam Greenlight登場

  2. 『エルダー・スクロールズ・オンライン』最新アプデ「ホームステッド」は2月6日に日米同時配信!

    『エルダー・スクロールズ・オンライン』最新アプデ「ホームステッド」は2月6日に日米同時配信!

  3. Obsidianが新たなプロジェクト「Project Louisiana」を発表

    Obsidianが新たなプロジェクト「Project Louisiana」を発表

  4. 対戦ストラテジー『Atlas Reactor』が完全F2P化!―シーズン2が開幕

  5. 『Halo Wars 2』マスターアップ! マルチプレイヤーベータも1月20日より実施

  6. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

  7. 天使が敵に憑依するレトロPCゲーム『Messiah』がSteam配信!―オリジナル版発売から約17年

  8. 開発中止になった非公式『バイオ2』リメイクがオリジナル作品として復活!―その名も『Daymare: 1998』

  9. PC版『ウィッチャー 3』人気ライティングMod最新映像―吸い込まれそうなほど青い空…

  10. クトゥルフゲー『Call Of Cthulhu』海外トレイラー遂に初公開―死の真相を暴け

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top