“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

使いすぎるとBanもあり得る?『Modern Warfare 2』バグを利用した強力な自爆攻撃

December 03, 2009(Thu) 15:20 / by RIKUSYO



プロテニス選手のアンディ・マレー氏もガールフレンドと破局するほど嵌ったと言われるCall of Duty: Modern Warfare 2ですが、かなり強力な自爆攻撃が可能となるバグが存在するようです。

YouTubeにはその方法を説明する動画もアップロードされていますが、これはヤバイ……。有効範囲が結構広い上に、Perkの“殉教”(死亡時に着火したグレネードを落とす)とは違い即爆発なので確実に敵を巻き込めますね。

さっそく試してみようと思っている方もいるかもしれませんが、Xbox LIVE Policy and EnforcementのディレクターであるStephen Toulouse氏は「バグ技を使用する人を見つけたらBanする」宣言しているので止めておいた方がよさそう。Toulouse氏はフェアプレイを望んでいます。

なおInfinity Wardは現在バグの修正に取り組んでいるとの事です。
(ソース: Kotaku, イメージ: YouTube)


【関連記事】
プロテニス選手のA・マレー、『Modern Warfare 2』のやりすぎで彼女にふられる?
Fail、Fail、Fail…運に見放された『Modern Warfare 2』プレイヤーの最も残念なやられ方
『Modern Warfare 2』で子供達を救済!Activision UKがチャリティーイベントを開催
海外アナリスト「Modern Warfare 2のDLCは2010年に1億4000万ドルの利益を生み出す」
『Smackdown vs. Raw 2010』エディットで作成した女性レスラーがバグによって下半身丸出しに!
Steam新作『Merchants of Brooklyn』バグだらけのアルファバージョンが誤爆リリース
ゲームの怪奇現象… 開発中の不具合やバグの写真を集めるブログ『I Get Your Fail』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image