ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ロックマン』第一作目のキャラクタ―たちがファンメイドで3Dモデルに!

ゲーム文化 カルチャー


1987年の発売から今なお愛され続けるロックマンシリーズ。最近になって、ロックマン9や10がファミコンテイストでよみがえる一方で、ファンの間ではひそかにロックマン第一作目の3Dモデル化計画が進行していました。

メインキャラからボスキャラまで、様々なアプローチで3D化されていったキャラクタ―たち。最近になってその中のトップ3が決定しました。以下がその3作品です。中にはかなりリアル志向のものもあり、オリジナルとは違うテイストのロックマンを見ることができます。

3rd Place: Vic / GutsMan


2nd Place: Parker / Mega Man


1st Place: DrEvizan / The Evil Dr. Wily


これを取り上げたカプコンのブログでは、1位のDr.ワイリーに出来に対し「次のPixarにカメオ出演しちゃえるくらい良い!」とコメントしています。これら以外にもエレキマンやカットマン、ファイヤーマンにDr.ライトまでもが3D化されているので、興味のある方はこちらをチェック! (ソース: Capcom Unitiy, イメージ: GameStepper)


【関連記事】




《Kako》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 実写のような空気感!『GTA V』ビジュアルMod「NaturalVision」が公開

    実写のような空気感!『GTA V』ビジュアルMod「NaturalVision」が公開

  2. 歴史的ゲーム機「NES」濃厚ファンブック「Playing With Power」海外で予約スタート

    歴史的ゲーム機「NES」濃厚ファンブック「Playing With Power」海外で予約スタート

  3. ワンフェス16[夏]ゲーム関連フィギュアピックアップ―『ウィッチャー3』や『Dota 2』など

    ワンフェス16[夏]ゲーム関連フィギュアピックアップ―『ウィッチャー3』や『Dota 2』など

  4. 海外美人レイヤーの『オーバーウォッチ』ロードホッグコスプレ―マコちゃん可愛い!

  5. 「BlizzCon 2016」バーチャルチケット発売、『オーバーウォッチ』グッズなど収録

  6. 「League of Legends Japan League」出場選手のドキュメンタリー映像第4弾―プロフェッショナルとは?

  7. D.Vaがイッパイ!『オーバーウォッチ』コスプレイヤーがコミコン会場に集結

  8. 米動物園、実際の動物に『ポケモンGO』風のユニークな説明看板を作成

  9. 『ワンダと巨像』風ACT『Prey for the Gods』Kickstarter初期目標達成―CS版も制作確定

  10. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top