ハードコアゲーマーのためのWebメディア

次回作はベトナム戦争に?『Call of Duty 7』のキャスティングコールに掲載

PC Windows

アメリカのキャスティングサイトで掲載されたキャスティングコールに、Call of Duty 7のヒントとなる記述が見つかりました。そこには次回作に登場する4人のキャラクターの人物設定が記載され、以前より噂のあったベトナム戦争を思わせるような内容となっています。

その4人のキャラクターは、優秀な能力を持ち合わせた屈強なリーダーであるFrank Barnes。20代の健康的なアフリカ系アメリカ人Joseph Lewis。15年以上の軍隊経験を持ち、素晴らしい戦略家であると同時に共同ミッションコーディネーターのJason Hudson。マーシャルアーツを会得したロシア生まれの30代女性CIA工作員、Kristina Ivanovaと、それぞれ紹介されています。

その中の一人であるFrank Barnesに関しては、米軍の陸軍特殊部隊、南ベトナム軍事援助司令部(MACV)/研究・観察グループ(SOG)の隊員と表記。これはべトナム戦争において秘密作戦を遂行した部隊であるとの事で、この情報が正しければ次回作はベトナム戦争を扱ったゲームになる可能性が高いと言えそうです。(ソース: VG247)
※この記事には機種カテゴリが設定されていますが、ゲームの対応プラットフォームは未発表です。

【関連記事】
噂の『Call of Duty 7』は2010年11月に発売?英国取引関係者からの情報
Treyarchが開発する『Call of Duty』次回作の舞台は現代戦ではない?
Infinity Ward、Treyarchに続く第3のデベロッパーが『Call of Duty』新作を開発中?
『Call of Duty 7』はやはりTreyarchが開発中? アニメーターがプロフィール上でポロリ
『Call of Duty 7』はTreyarchが開発、ベトナムやキューバが舞台?かもしれない噂
《Round.D》

PC アクセスランキング

  1. ちょっとグロテスクな物理演算車両アクション『Guts and Glory』―ママチャリで死のトラップに立ち向かう!

    ちょっとグロテスクな物理演算車両アクション『Guts and Glory』―ママチャリで死のトラップに立ち向かう!

  2. チャリティバンドル『HELP: THE GAME』―全収益は戦争地域の子どもたちへ

    チャリティバンドル『HELP: THE GAME』―全収益は戦争地域の子どもたちへ

  3. 『CoD: IW』コミコンパネル映像―主要キャスト登壇に未見ゲームシーンも

    『CoD: IW』コミコンパネル映像―主要キャスト登壇に未見ゲームシーンも

  4. 『GWENT』は全機種間クロスマルチプレイを目指す―CEO「必要なのはソニーのゴーサイン」

  5. 子作りRPG『コンセプションII』8月Steam発売―日本語に対応

  6. 『Starbound』が遂に正式リリース!―5分半に及ぶ壮大なローンチトレイラーも

  7. 恐怖の鬼ごっこ対戦ホラー『Dead by Daylight』初週販売27万本突破

  8. 殺人鬼vs若者の非対称ホラー『Dead by Daylight』発売日決定!―最新映像も

  9. GLaDOSが伝えなかった『Portal 2』の10の秘密

  10. ギーガーやベクシンスキーを思わせる新作ホラー『Scorn』最新ティーザー!―不気味すぎる世界観

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top