次元の違う新型携帯ゲーム機『5D: Space』プレスリリース、実機初公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

次元の違う新型携帯ゲーム機『5D: Space』プレスリリース、実機初公開

ニュース 最新ニュース




ゲーム業界においても3Dが大きく注目されている2010年。次元の違うゲーム機を携え、本日新たにゲーム業界への参入が明らかになりました。海外メーカーのGavaskarがプレスリリースを行い、携帯ゲーム機“5D: Space(5D:S)”の発売を発表しました。某所(場所は明らかにされていない)では発表イベントとともに実物が公開されたようです。

実際にプレイできたという情報元の報告によれば、5D:Sは、ゲームを表示するディスプレイを必要とせず、箱を持って意識を集中させると“ゲームが宇宙から降りてくる”とのこと。操作するための装置等も確認できなかったようです。プレイした人たちからは「気がついたら夜になっていた」「気がついたら自分の家を通り過ぎていた」「何か特別な啓示があったような気がする」といったインプレッション報告もよせられています。

代表のSunil Manohar Gavaskar氏は海外のインタビューに応え、「Dはもちろん“dimensions”の意味だが、後で他によさそうなのがあれば足してもいい」「理論物理学者のLisa Randallに影響を受けた」「これはまがいものの宗教の類いではない」といったコメントをしています。一方でアナリストからは「(これまでの開発経験が全く役に立たない)5D:Sではサードパーティのゲーム開発は困難になるだろう」といった意見も聞かれ、当面はファーストのGavaskarからのタイトルが中心になりそう。詳細はまだ未定ですが、価格は15ドル前後になるとの見方が強く、その理由として同アナリストは「ただの箱だから」と答えています。(ソース: Futuristic Announcement "5D: SPACE")

【関連記事】
近未来のゲーム機? 遊べるキュービック型3Dディスプレイ『pCubee』
宮本茂氏「ビデオゲームの未来は完全デジタル化ではない」
GDC 09: これが未来のゲーム環境?クラウドゲーミングサービス『OnLive』発表
もしもゲーム機が化石として発掘されたら…。神秘的な海外彫刻アート
これぞまさにエアギターヒーロー!筋肉の信号を読み取るインターフェース技術が発表
《Kako》

ニュース アクセスランキング

  1. 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

    【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

  2. Google Japan年間ベストゲームは『ポケモンGO』!ベストアプリは『AbemaTV』―『シャドウバース』なども

    Google Japan年間ベストゲームは『ポケモンGO』!ベストアプリは『AbemaTV』―『シャドウバース』なども

  3. ぐでんぐでんな乱闘ゲーム『Gang Beasts』がSteam早期アクセスにて配信開始

    ぐでんぐでんな乱闘ゲーム『Gang Beasts』がSteam早期アクセスにて配信開始

  4. ノーティードッグPSデビュー20周年!PS Storeでの記念セールが国内発表

  5. 中国にてルートボックスやガチャの内容・排出率の表記が義務付けへ

  6. 壮大スペースシム『Elite: Dangerous』PS4版が海外発表!PS4 Pro対応も

  7. タイ産の1人称病院ホラー『ARAYA』がSteam Greenlightに登場

  8. DMM、低価格4Kディスプレイを発表―50インチが約6万円

  9. 『ポケモンGO』新ポケモンの登場が確定!

  10. 恐竜世界でサバイバル!『ARK: Survival Evolved』が発表―PS4/Xbox One/Steamで2016年リリース予定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top