“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

サードパーソン視点で本物の車を運転!Rooster Teethの奇抜な実験映像

April 07, 2010(Wed) 15:31 / by Rio Tani



あのRed vs. Blueを手がけたテキサスのマシニマ制作集団Rooster Teethが、Grand Theft Autoをネタにしたおバカな実写映像を公開。GTAはもちろんレースゲームなどで広く用いられているサードパーソンビューを、なんと実際の車で再現しちゃっています。

この車は一切外が見えないようにウィンドウが遮断されており、ドライバーは後部に取り付けられたカメラを通してのみ周囲や車を見ることが可能。被験者はなぜか待ち構えるヤクザ達にボコボコにされながら運転席に乗り込み、設置されたコースを走行することになります。

視野が広くなる三人称視点は、一見するとゲームと同じように運転しやすそうに感じますが、どうやら現実世界では慣れが必要なのかなかなか難しい様子。レースゲームのようにコックピットビューとサードパーソンビューを切り替えできたらいいかもしれないですね。いずれにしても興味深い試みではないでしょうか。(ソース: Rooster Teeth via Joystiq)


【関連記事】
『Modern Warfare 2』のゲーム映像を使用して制作されたマシニマが凄い
ハツカネズミが『Quake II』をプレイ!?
コメディ集団Mega64による『Batman: Arkham Asylum』実写アクション!
ファーストパーソンシューター病に苦しむ男性のドキュメンタリー映像
街を探索して死者を見つけろ!AR幽霊ハントゲーム『Ghostwire』最新トレイラー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image