ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Halo MMO』の開発が中止になった理由は… 当時のスタッフが告白

PC Windows



2008年に閉鎖したEnsemble Studiosは、Halo Warsを手がける以前にHaloのMMO作品を開発していたことが明らかになっていますが、当時の開発者の一人が、今まで知られていなかったHalo MMOの裏話を海外サイトに伝えています。

元EnsembleのスタッフであるDusty Monk氏がIncGamersに語ったところによると、HaloのMMOは“Titan”というコードネームで呼ばれ、2004年頃からMicrosoftが9000万ドルを投じる長期大型プロジェクトとして開発が進められていたそうです。



Age of Empiresシリーズなどのヒットで勢いのあった当時のEnsembleは、現在はBlizzardに移籍したGreg Street氏(別名Ghostcrawler)をはじめ有能なスタッフに溢れ、Monk氏いわく、Halo MMOはWorld of Warcraftと競い合うポテンシャルが十分にあったとのこと。

しかし、ニンテンドーWiiの爆発的な成功を目にしたMicrosoftが、カジュアルで幅広いユーザー層に向けた方針へ転換することになり、“Titan”プロジェクトは中止を余儀なくされたそうです。

Xboxでは絶大な人気を誇るHaloフランチャイズですが、もしMMO作品の発売が実現していたらBlizzardと競い合いことができたか、興味深いものがありますね。(ソース: IncGamers: Cancelled Halo MMO Details)


【関連記事】
HaloのMMOまで開発していた…『Ensemble Studios』 Bruce Shelley氏が閉鎖について語る
『Halo Wars』『Age of Empires』のEnsemble Studiosが閉鎖、MSが公式に認める
本当に存在した… 『Halo DS』 幻のゲームプレイ動画
海外MMOメーカー幹部: 『World of Warcraft』を超えるゲームはない
『ファイナルファンタジーXIV』は『WoW』の競争相手になる−スクエニ和田社長
343 Industries、「Haloの世界を舞台にした新体験」の開発に着手?
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 頼もしいダンボール装備も!『Killing Floor 2』大規模アップデート配信

    頼もしいダンボール装備も!『Killing Floor 2』大規模アップデート配信

  2. ググるだけで遊べる!Googleが「ソリティア」「マルバツゲーム」を公開

    ググるだけで遊べる!Googleが「ソリティア」「マルバツゲーム」を公開

  3. PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

    PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

  4. 開発8年!繊細ドット絵2Dアドベンチャー『Owlboy』がいよいよ配信される

  5. Steam版『超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1』が国内で解禁!日本語UI/字幕も追加

  6. 幻想探索記『Obduction』ローンチ映像―金字塔『Myst』クリエイター最新作

  7. 『タイタンフォール2』マルチプレイテストはPS4/XB1のみ対象として実施

  8. ボトル&キャッピーが紹介!『Fallout 4: Nuka-World』海外向けテーマソング映像

  9. 『オーバーウォッチ』PTRでハンゾーとソルジャー76が調整―次期アップデート

  10. 変なエイリアンのノリノリACT『ToeJam & Earl: Back in the Groove』2017年復活決定!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top