ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Namco Bandai Partners幹部: ゲームソフトの価格は高すぎる

ニュース 最新ニュース

欧州地域での流通・販売を受け持つNamco Bandai Partnersの幹部が、海外サイトのインタビューに対し「ゲームソフトの価格が高すぎる」などと発言し、新たなビジネスモデル開拓の必要性を訴えています。

同社の副社長でマーケティングを担当するOlivier Comte氏がMCVに語ったところによると、音楽ならライブイベント、映画なら劇場での公演などによる収入があるのに対し、ディスクとダウンロード販売しか存在しないテレビゲームには、第二のビジネスモデルを考える必要があるとのこと。

同氏はダウンロードコンテンツの重要性を指摘すると共に、ゲームソフトの価格について次のように話しています。

“ゲームソフトの価格はユーザーにとって高すぎるので、将来絶対に変えなければならないと確信しています。現状の開発コストと小売マージンを考慮すると、我々にとって40英ポンド(約5,200円)が妥当な価格ですが、それでもユーザーには高すぎるでしょう。”

“9月から12月は毎週おきに三つの大作ゲームが発売されるので、ユーザーはそれら全てを買うことができません。”

“ゲームの調度良い価格は20英ポンドくらいにすべきですが、その価格では10〜15時間のゲームプレイを用意することができません。従って20英ポンドで4〜5時間のゲームプレイをユーザーに提供し、その後はDLCで収入を生むことができます。”

また、こうしたモデルを実現するには、任天堂のようなファーストパーティーと話し合い、現状の小売システムを見直す必要があるとしています。(ソース: MCV: Namco: 'We must change the price of games')


【関連記事】
ソニーがE3でPSNのプレミアムサービス発表、価格は年50ポンド以下に?
過去2ヶ月で最も売れたアクセサリーは1600マイクロソフトポイントカード
『CoD: Modern Warfare 2』“Stimulus Package”がXbox LIVEのダウンロード新記録
ゲームにもエコの波!UbisoftがXbox 360とPS3の紙マニュアルを廃止
Steamのライバルに? Amazonがゲームのダウンロード販売を拡大か
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『Star Citizen』アルファ版2.5が配信開始―アウトロー向け新ステーションなどが実装

    『Star Citizen』アルファ版2.5が配信開始―アウトロー向け新ステーションなどが実装

  2. 『レインボーシックス シージ』最新アプデ配信時間が告知―日本語パッチノートも

    『レインボーシックス シージ』最新アプデ配信時間が告知―日本語パッチノートも

  3. Wargamingの新作4Xストラテジー『Master of Orion』がSteam正式リリース

    Wargamingの新作4Xストラテジー『Master of Orion』がSteam正式リリース

  4. PC版『Mortal Kombat XL』オンラインβ開始、Steamリリースが濃厚に

  5. 『Titanfall 2』テックテストの日程が正式発表!海外向けトレイラーも

  6. デューク新作か?『Duke Nukem 3D』20周年に向け謎のカウントダウン

  7. 『Rainbow Six Siege』海外パッチノート!Pulse/セミオートショットガンをバランス調整

  8. 『ポケモンGO』アップデート実施―ポケモンの強さを評価してくれる機能が実装

  9. 噂: 「PS4 Slim」に続き新型「DUALSHOCK 4」映像が出現

  10. 『バトルフィールド 1』「PREMIUM PASS」発表―仏/露軍も追加予定!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top