ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外サイトが選ぶ『全く進化しなかった続編ゲーム』TOP7

PC Windows

ゲームの続編にいらない追加要素』なんていう企画も以前ありましたが、おなじみGamesRadarにて今度は『全く進化しなかった続編ゲーム』のTOP7が選ばれています。お気に入りのシリーズに続編が発売されても、中身がぜんぜん変わっていなかったり、前作に劣る内容だったりすると確かにガッカリですよね。一体どんな作品が選ばれたのかコメントの一部も抜粋して順番にご紹介。

* * * * * * *


7位: ソウルキャリバーIV
“ナムコはただ画面をキレイにするだけの安全策を取った。戦闘システムは同じ、追加されたのはアーマー破壊(女性戦士の裸を見れる)とフィニッシュムーブくらい。実際のところ前作から何も変わってない。なんでヨーダがいるんだ?”


6位: Resistance 2
“壮大になったスケール、拡張されたマルチプレイモード。しかし大幅に見直しの必要なゲームプレイのコア部分が、全ての要素に悪影響を及ぼしているようだ”


5位: デビルメイクライ2
“地味な都市部ステージ、単純化した戦闘と武器、電子レンジアイスクリームの如く難しいザコ敵やボス、ショボすぎる脚本”


4位: マリオカート ダブルダッシュ!!
“1台のカートに2人が乗れる(本気でこれがセールスポイントだと思ったのか)。マリオカートWiiの腹立たしい無意味な武器スパムはここから始まった”


3位: バイオハザード5
“マーケティング主導によって作品のアイデンティティーが危機に陥ったマドンナ以来の最悪なケース。シリーズを一新し、サバイバルホラーやサードパーソンシューターを永遠に変えてしまったバイオハザード4を追いかけるのは常に困難”


2位: Marvel: Ultimate Alliance 2
“ツインキャラクターコンボ攻撃などが追加されたが、2004年のX-Men Legendsからゲームプレイシステムが一切変わっていない”


1位: すべての真・三國無双シリーズ
ソースの画像参照

* * * * * * *


というわけでTOP7のうち5つが国産ゲームという結果になってしまいましたが、いかがだったでしょうか。やはりブランドとしてそれなりに人気の確立されたゲームの続編は、あまり進化しない傾向にあるのかもしれません。このリストに選ばれないような、飛躍的進歩を遂げた続編が生まれるのを願いたいところです。続編ばかりでオリジナルタイトルが少ないという声もありますが……。(ソース&イメージ: GamesRadar)


【関連記事】
海外サイトが選ぶ『ゲームの続編にいらない追加要素』TOP7
『痛いほど前置きが長い大作ゲーム』TOP7
『ゲームにおけるショッキングな錯覚』5選
海外で発音を間違えられやすい日本のゲームタイトル名は…
あるある!『ゲームにおける死亡フラグ』15選
『ゲームキャラのナイスなヒップ』TOP10
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 『Total War: WARHAMMER』新DLC「Blood for the Blood God」リリース―手足が飛ぶゴア表現追加

    『Total War: WARHAMMER』新DLC「Blood for the Blood God」リリース―手足が飛ぶゴア表現追加

  2. 【UPDATE】PC版『オーバーウォッチ』新パッチ配信!待望の「ライバル・プレイ」追加

    【UPDATE】PC版『オーバーウォッチ』新パッチ配信!待望の「ライバル・プレイ」追加

  3. ギーガーやベクシンスキーを思わせる新作ホラー『Scorn』最新ティーザー!―不気味すぎる世界観

    ギーガーやベクシンスキーを思わせる新作ホラー『Scorn』最新ティーザー!―不気味すぎる世界観

  4. 殺人鬼vs若者の非対称ホラー『Dead by Daylight』発売日決定!―最新映像も

  5. CygamesのTCG『Shadowverse』PC版がSteam Greenlightに登録、クロスプレイ対応か

  6. 『BF1』の戦闘を全アングルで!爆撃機に戦車、ドでかい飛行船内部も

  7. 『Overwatch』ランクマッチの離脱ペナルティーには「シーズン中BAN」も―PTR参加者報告

  8. 非対称PvPホラー『Dead by Daylight』プレイレポ―開発者からメッセージも

  9. 『リーグ・オブ・レジェンド』時間帯限定の5v5チームランク戦が実装

  10. 『リーグ・オブ・レジェンド』最古参チャンプ“ライズ”がリワーク!アートも刷新

アクセスランキングをもっと見る

page top