稲船氏が日本ゲーム市場の将来を危惧、カプコンの対抗策とは | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

稲船氏が日本ゲーム市場の将来を危惧、カプコンの対抗策とは

ニュース 最新ニュース

過去に「日本のゲーム業界は終わった」とする発言をしたことが国内外のメディアで取り沙汰されたカプコンの稲船敬二氏ですが、E3 2010開催中に行われた海外サイトのインタビューで、再び日本のゲーム業界の将来を危惧する発言をしています。

稲船氏はVideoGamer.comに対し、「毎年E3に来るたびに、日本のゲーム開発者のシェアがどんどん小さくなっているように感じる」と発言。メジャータイトルや重要な発表の多くは海外タイトルで、この傾向をそのままにすれば、日本のゲーム市場はいずれ完全に消え去ると個人的に思うことがある、とする趣旨の意見を述べています。

また、こうした懸念を踏まえ、カプコンは日本のパブリッシャーとして善戦していきたいと同氏。日本人開発者のスキルやノウハウだけに頼らず、同社のスタッフを含む海外開発者と知識や情報を共有しながら密接にコラボレーションしていくことで、海外が主流になりつつある現在の市場を理解し、競争力を維持しながら企業が成長を果たすことができるなどと説明しています。(ソース: VideoGamer.com: Inafune fears Japanese game industry will 'disappear')


【関連記事】
カプコンの投資者向けレポートから『Mega Man Online』のタイトルが判明
カプコン竹内氏: 『バイオハザード6』の開発には関わらない
カプコン: 『Dead Rising 2』を海外開発にしたのは前作が日本的過ぎたから
元SCEE社長のDavid Reeves氏がカプコンヨーロッパのCOOに就任
カプコン稲船氏、16ビットスタイルの新作『ロックマンX』に興味
平均スコアは60点…『Dark Void』海外レビュー速報
カプコン、Natal対応ゲームの開発に意欲的 「ゲーマー向けのゲーム」に
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『ウィッチャー』シリーズ累計販売は2500万本

    『ウィッチャー』シリーズ累計販売は2500万本

  2. 『BF1』「Premium Friend」発表―Pass所持フレンドとならDLC未所持でも…?

    『BF1』「Premium Friend」発表―Pass所持フレンドとならDLC未所持でも…?

  3. モバイル向け狙撃FPS『Tom Clancy’s ShadowBreak』海外発表―ストラテジー要素も

    モバイル向け狙撃FPS『Tom Clancy’s ShadowBreak』海外発表―ストラテジー要素も

  4. 中二ラクガキ『ドローン・トゥ・デス』4月国内配信!PS Plusフリープレイでも提供

  5. EA DICE新作『Star Wars Battlefront II』詳細は4月のイベントにて公開

  6. 海外サイトが選ぶ『名作アクションRPGシリーズ』TOP10

  7. 【漫画じゃんげま】83.「それでいいのか」の巻

  8. 『Destiny 2』日本語吹替え映像!前作大型アップデート「勝利の時代」も

  9. MMO『The Secret World』がF2PアクションRPGとして再始動

  10. 『マフィア III』体験版国内配信!DLC「もっと速く!」もリリース【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top