PAX 10: 『Red Orchestra: Heroes of Stalingrad』迫力のトレイラー公開!戦車に関する詳細も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PAX 10: 『Red Orchestra: Heroes of Stalingrad』迫力のトレイラー公開!戦車に関する詳細も

PC Windows



第二次世界大戦中の独ソ戦を舞台にしたミリタリーFPS、Red Orchestra: Heroes of Stalingradのトレイラーが公開されました。砲撃で吹き飛ぶソ連兵、待ち伏せを受け狙撃されるドイツ兵、そして…戦車!非常に渋いトレイラーとなっています。

また海外サイトRock, Paper, ShotgunではTripwire Interactiveの社長John Gibson氏へのインタビューが掲載されており、本作の戦車に関する詳細が明らかとなっているのでピックアップしてご紹介。
■ゲームに登場する全ての戦車は内部を完全にモデル化。

 ・車内を見渡せば他の乗組員が確認できる(砲弾を装填する様子も分かる)。
 
 ・座席の移動も一人称のフルアニメーション。

■広範囲に及ぶダメージシステムを搭載。

 ・光学機器、エンジン、トランスミッション、砲塔の旋回機能、燃料タンク、駆動輪、履帯などが個別にダメージを受ける。
 
 ・装甲を貫いた砲弾は内部の乗組員にもヒットする。

■リサプライエリアでの修理を可能にする考えがある(現在はプロトタイプ)。

■発売時には2台の中戦車を収録予定。

 ・T34/76
 
 ・Panzer IV

■発売後には無料のコンテンツパックとして車両を追加予定。

■既に4台の追加車両を制作中。

 ・2台の戦車
 
 ・2台の兵員輸送車

■対戦車兵器の追加

 ・セミオートマチックの対戦車ライフル
 
 ・対戦車手榴弾

■実際の戦車のように多くの視界を持つ。
 ・多くの視界があることやその他の機能を学ぶためのトレーニングミッションを搭載。

■主砲のエイムは歩兵のエイムのようにマウスで行う。

■戦車兵を選んだ場合、戦車をロックし他の人が乗り込めるかどうかを選択することができる。

■戦車兵は戦車の中でリスポーンする。

■各マップの戦車は全ての戦車兵が乗れるだけの十分な台数がある。

■プレイヤーが一人で戦車を操作する場合、他の座席には完全に機能的で知的なAI乗組員が乗車する。

 ・AI乗組員には容易に命令を与えられる(主砲操作時、移動キーを使用してドライバーに移動命令を与えるなど)。
 
 ・AI乗組員が生きている場合には即座に座席の変更が可能。死んでいる場合は座席の移動に時間がかかる(アニメーション付き)。

 ・失ったAI乗組員は車両リサプライエリアにて新たなAI乗組員を補充できる。

 ・AI乗組員は最大プレイヤー数に影響を与えない。
その他インタビューでは戦車内部の資料が少ないことを嘆く苦労話などが語られています。

前作からかなりの進化が期待できそうなRed Orchestra: Heroes of Stalingradは2011年の発売が予定されています。
(ソース: Rock, Paper, Shotgun, ビデオ: GameTrailers)


【関連記事】
拘りの要素満載!『Red Orchestra: Heroes of Stalingrad』デベロッパーウォークスルー
『Red Orchestra 2: Heroes of Stalingrad』が公式に発表!スクリーンショットも公開
海外誌のプレビュー記事から新作『Red Orchestra: Heroes of Stalingrad』の存在が明らかに
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. フェチ詰め込みすぎな三人称パズルACT『Haydee』が配信開始!―主人公が艶めかしい…

    フェチ詰め込みすぎな三人称パズルACT『Haydee』が配信開始!―主人公が艶めかしい…

  2. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

    【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

  3. 『スカイリム』が全く別のRPGに生まれ変わる超大型Mod『Enderal』プレイレポ

    『スカイリム』が全く別のRPGに生まれ変わる超大型Mod『Enderal』プレイレポ

  4. Ubisoft30周年記念PC向け無料配信ラストは『Assassin's Creed III』に決定!海外発表

  5. DMMでサービス開始の『カオスサーガ』わずか26時間30分でサービス終了

  6. 『MechWarrior 5: Mercenaries』発表!―歴史ある巨大ロボシミュ最新作

  7. 『ウォッチドッグス2』オンライン協力/対戦を紹介する日本語解説トレイラー!

  8. 開発中止になった非公式『バイオ2』リメイクがオリジナル作品として復活!―その名も『Daymare: 1998』

  9. ハンドボールシム『Handball 16』がPC/コンソール向けに海外リリース

  10. 『DARK SOULS III』DLC第1弾「ASHES OF ARIANDEL」プレイレポ―灰は、暗く冷たい世界に迷い込む

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top