ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スペインの街に『スーパーマリオブラザーズ通り』が誕生、ソニックやゼルダの伝説の名を冠した通りも建設予定

ニュース 最新ニュース


スペイン北東に位置するサラゴサの街郊外で開発中の新興住宅地Arcosurに『スーパーマリオブラザーズ通り』(Avenida de Super Mario Bros)が誕生しました。それを記念するイベントにはマリオ本人も駆けつけ、記念品の授与やチェロとバイオリンによるテーマ曲演奏などが行われました。

20〜35歳の若者を対象に21,000棟以上の住宅建設が予定されているArcosurの街ですが、今回誕生したスーパーマリオブラザーズ通り以外にも『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』や『ゼルダの伝説』、『スペースインベーダー』といったゲームの名を冠した通りの建設も計画されているそうです。

町内会の代表であるAntonio Almudi Miranda氏は「私はマリオと同じ25歳。ゲームと共に成長した私達は彼らの事をよく知っています」と話し、この街に住む予定の人々も楽しみにしていると伝えました。

ちなみに今回スーパーマリオブラザーズ通りという名前をつけたのはメディアの注目を集め、街の開発が予定通り完了(2012年6月)するよう政府にプレッシャーを与える目的もあるのだそうです。
(ソース&イメージ: 1UP)


【関連記事】
任天堂、Wiiリモコンプラスも同梱したスーパーマリオ25周年仕様の本体を発表
動画:『マリオ vs. ケン・マスターズ』! 異例の対決の行方は…
本日の一枚 『1000種類のマリオグッズを収集した11歳の少年』
本日の一枚 『ファイト・クラブ風のリアルスマブラファンアート』
手も体も使わない!『スーパーマリオブラザーズ』を“目”でプレイ
《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. 任天堂、『ポケモンGO』が業績に与える影響は「限定的」と言及

    任天堂、『ポケモンGO』が業績に与える影響は「限定的」と言及

  2. DC格闘『Injustice 2』最新トレイラー、悩殺ワンダー・ウーマンが参戦!

    DC格闘『Injustice 2』最新トレイラー、悩殺ワンダー・ウーマンが参戦!

  3. 『FIFA 17』日本版初回パッケージに槙野智章選手!サイン入りユニのプレゼントも

    『FIFA 17』日本版初回パッケージに槙野智章選手!サイン入りユニのプレゼントも

  4. ソニックが2人!?『Project Sonic』海外発表―NX/PS4/XB1/PC向けに開発中

  5. 『ポケモンGO』ポケストップ効果で大手ゲーム小売GameStopの売上倍増―CEO「非常に満足」

  6. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  7. 配信開始の『Pokemon GO』ゲーム情報が続々公開―安全にプレイするための注意事項も

  8. 『P.T.』風一人称ホラー『Allison Road』開発中止に関する声明が発表

  9. 『グランツーリスモSPORT』「カーパック」2種の国内向け情報解禁

  10. PC版『ライフ イズ ストレンジ』EP1「サナギ」が国内でも無料配信中!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top