『Braid』のJonathan Blow氏「ソーシャルゲームは悪」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Braid』のJonathan Blow氏「ソーシャルゲームは悪」

ニュース 最新ニュース

独創的な2DプラットフォーマーBraidが数々の賞に輝き、現在は次回作となるThe Witnessに取り組むインディーゲームデザイナーJonathan Blow氏。PC Gamerが実施したインタビューで、「(Farmvilleを代表とする)ソーシャルゲームは悪」だとする自説を繰り広げています。

以下、同氏の発言の中から気になる部分をいくつか抜粋してご紹介。

(ソーシャルゲームは)あなたが既に作ったフレンドリストを悪用するものであり、人々と出会うことを目的としていません。同時にゲームを遊ぶこともないため彼らと一緒に何かをすることもないでしょう。それは友人をゲームの経過におけるリソースとして扱っているため、実際の友情や社交性に反するものだと言えます。

(中略)

ソーシャルネットワークサイトを使っているため単にソーシャルゲームと呼ばれていますが、それらのソーシャル性は低く、パーティーで友人とボードゲームでもする方がよっぽどソーシャルで極めて社交的な体験ですよね。そういうわけでとにかくその呼び方が嫌いなんです。

(ソーシャルゲームは悪だと思うかとの質問に対し)はい、全くです。それを「悪」以外に表現する言葉はありません。

Jonathan Blow氏はこのようにソーシャルゲームやその呼称を疑問視する一方で、クランやギルドで実際に他のプレイヤーに出会い、一緒に行動したりお互いを助けあうWorld of WarcraftやCounter-Strikeのようなゲームがよりソーシャルであると指摘。

また、大半のゲームがプレイヤーに時間やお金を費やさせることだけを目的にデザインされているのに対し、Dwarf Fortressのようなある種のゲームは、プレイヤーをだますことなく実際に何かを与える目的で作られていると論じています。(ソース&イメージ: PC Gamer: Jonathan Blow interview: Do you believe social games are evil? “Yes. Absolutely.” via Blue's News)


【関連記事】
PAX 10でBraidのクリエイター次回作『The Witness』がプレイアブル展示
Braidのクリエイターが手掛ける『The Witness』コンセプトアートが公開
『Braid』のクリエイター次回作は『The Witness』!ティーザーサイトがオープン
『Braid』のロシア版パッケージアートが何かスゴイ
海外レビューハイスコア 『Braid』 (XBLA)
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 「オーバーウォッチリーグ」年間収益の1億ドル超見通し

    「オーバーウォッチリーグ」年間収益の1億ドル超見通し

  2. 【漫画じゃんげま】83.「それでいいのか」の巻

    【漫画じゃんげま】83.「それでいいのか」の巻

  3. 豪州の『Outlast 2』審査問題、提出用素材に手違い

    豪州の『Outlast 2』審査問題、提出用素材に手違い

  4. 『Destiny 2』予告イメージが公開!―公式ツイート

  5. 『DARK SOULS III』第2弾DLCアクセス方法など「よくある質問」公開

  6. 『モンハン ダブルクロス』小嶋P&市原Dによるセミナー開催!開発過程やモンスターの誕生秘話を語る

  7. 名作RPG『Planescape: Torment』リマスター発表か―謎のティーザーサイト現る

  8. 『パラッパラッパー』サウンドトラックも復刻決定!当時の音源そのままに全44曲が収録

  9. 「2016年度 ゲーム企業総収益ランキング TOP25」発表―海外リサーチ企業報告

  10. 『DARK SOULS III』次期アップデート早くも発表―DLCのシステム追加対応など

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top