ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: マルチプレイ対応の新作『サイレントヒル』が開発中【UPDATED】

家庭用ゲーム Xbox360

既に海外向けにはシリーズ最新作となるSilent Hill: Downpourが開発されているサイレントヒルですが、新たにマルチプレイに対応した別の新作開発が噂されています。

これは、イタリア版Official Xbox Magazine最新号に掲載されたVatra Gamesへのインタビューから明らかになったもの。Silent Hill: Downpourを開発する同スタジオのアートディレクターは、コナミがマルチプレイ専用の新たなサイレントヒルを検討していると発言。詳細は知らないとしながらも、それがXbox LIVE アーケード向けのタイトルで、サイレントヒルを舞台にプレイヤー達がサバイバルを繰り広げる内容になると明かしたそうです。

尚、同氏はSilent Hill: Downpourにマルチプレイモードを搭載する予定は今のところないと伝えています。(ソース: NeoGAF, Examiner)

※UPDATE (2011/3/22 11:20): Silent Hill: DownpourのプロデューサーであるDevin Shatsky氏によってこの噂が否定されています。同氏によると、今回の情報はイタリア語から英語に翻訳される段階で、文脈から切り離されて解釈されたということです。

※この記事には機種カテゴリが設定されていますが、ゲームの対応プラットフォームは噂レベルのものです。


【関連記事】
孤独に町を歩くMurphy…『Silent Hill: Downpour』最新スクリーンショット
霧が立ち込める不気味な森…『Silent Hill: Downpour』スクリーンショットが初公開
シリーズ最新作となる『Silent Hill: Downpour』の最新情報が海外ゲーム誌に掲載
E3 10: 脱走した囚人がサイレントヒルに迷い込む…、コナミが『Silent Hill 8』を発表
海外レビューハイスコア 『Silent Hill: Shattered Memories』
海外レビューハイスコア 『Silent Hill: Homecoming』
本気すぎるサイレンヒルのナースコスプレ写真集
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Rainbow Six Siege』新マップ「Favela」お披露目トレイラー!―スラムの街並広がる

    『Rainbow Six Siege』新マップ「Favela」お披露目トレイラー!―スラムの街並広がる

  2. オープンワールドに進化した『討鬼伝2』プレイレポ─“鬼”の手を使い、三次元アクションを駆使して戦え

    オープンワールドに進化した『討鬼伝2』プレイレポ─“鬼”の手を使い、三次元アクションを駆使して戦え

  3. コナミとFCバルセロナがパートナー契約を締結、『ウイイレ2017』にホームスタジアムなど収録

    コナミとFCバルセロナがパートナー契約を締結、『ウイイレ2017』にホームスタジアムなど収録

  4. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  5. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  6. 『FF15』ハンズオン展示!スクウェア・エニックス、gamescom 2016出展ラインナップ発表

  7. 『INSIDE』序盤30分ゲームプレイ映像!『Limbo』開発元の新作

  8. PS4版『No Man's Sky』オンライン要素にPS Plusは不要―海外報道

  9. 『Fallout 4』Vault建築運営DLC『Vault-Tec Workshop』のディテール公開―追加クエストも!

  10. 【E3 2016】PS4『Days Gone』プレビュー―絶望的オープンワールドサバイバル

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top