ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外開発の新作バイオ『RE: Operation Raccoon City』の初ディテール

家庭用ゲーム Xbox360

海外ゲームマガジンOfficial Xbox Magazineの最新号で、バイオハザードシリーズの新作スピンオフタイトルとなるResident Evil: Operation Raccoon Cityの情報が初公開されることが、海外サイトのリーク情報から明らかになりました。

昨年末から何度か噂で伝えられていた通り、本作はSOCOMシリーズの実績を持つカナダのSlant Six Gamesが開発を担当、4人Co-opプレイに対応したチームベースのシューターで、バイオハザード2や3の時代設定を舞台に、プレイヤーがU.S.S.(アンブレラ特殊工作員)となってゾンビや生存者達を抹殺していくダークかつダーティーな内容になるそうです。

ゲーム中にはアンブレラ社に対抗する勢力として、US Spec Ops(特殊部隊)とB.O.W.s.(モンスターバイオ兵器)が登場、三つ巴の戦いが描かれるとのこと。

また、それぞれ異なる能力を秘めた4人のキャラクターが用意され、経験値を得て成長させられること、レオン・S・ケネディやタイラントをはじめとする人気キャラクターが登場し、「バイオハザードの歴史を変える」イベントが存在することなどが明らかに。

Resident Evil: Operation Raccoon CityはPS3とXbox 360を対象に2011年秋に発売予定と見られていますがそれ以上の詳細は不明。発売前の雑誌からのリーク情報のため、現段階では噂扱い。来月初旬に開催されるカプコンの自社イベントCaptivateで正式発表の可能性もありそうです。(ソース: StickSkills via CVG)


【関連記事】
新作バイオハザード『Resident Evil: Raccoon City』の噂再び
噂: 海外スタジオがチームベースの新作『バイオハザード』を開発中
4&CODE:VeronicaをHD化『バイオハザード リバイバルセレクション』発売決定
ハリウッド映画版『バイオハザード』の第5作目が2012年公開へ
フランス版OPMに新作ゾンビゲームの予告、噂の『バイオ』新作か
カプコン竹内氏: 『バイオハザード6』の開発には関わらない
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. オープンワールドに進化した『討鬼伝2』プレイレポ─“鬼”の手を使い、三次元アクションを駆使して戦え

    オープンワールドに進化した『討鬼伝2』プレイレポ─“鬼”の手を使い、三次元アクションを駆使して戦え

  2. コナミとFCバルセロナがパートナー契約を締結、『ウイイレ2017』にホームスタジアムなど収録

    コナミとFCバルセロナがパートナー契約を締結、『ウイイレ2017』にホームスタジアムなど収録

  3. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

    『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  4. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  5. 『INSIDE』序盤30分ゲームプレイ映像!『Limbo』開発元の新作

  6. 『FF15』ハンズオン展示!スクウェア・エニックス、gamescom 2016出展ラインナップ発表

  7. 『Fallout 4』Vault建築運営DLC『Vault-Tec Workshop』のディテール公開―追加クエストも!

  8. PS4版『No Man's Sky』オンライン要素にPS Plusは不要―海外報道

  9. 最新映像も!『No Man's Sky』について知っておくべき41のこと

  10. 『エースコンバット 7』の発売日、対応機種、開発体制は?―現時点でわかっていることまとめ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top