ハードコアゲーマーのためのWebメディア

THQ、『Metro 2033』の続編『Metro: Last Light』を正式発表!

PC Windows



THQは本日、2010年に発売したFPS Metro 2033の続編となるMetro: Last Lightを正式に発表しました。開発は前作に続き4A Gamesが担当、Windows PC、Xbox 360、PlayStation 3を対象に2012年リリースとなります。





今作の舞台は2034年の核戦争後の世界。廃墟と化したモスクワの地下に広がる地下鉄網で、危険なミュータントなど外からの脅威に怯えつつ日々を送っていた人類は、軍の第6貯蔵庫に眠っていた最終兵器が発見されたことにより、メトロ各駅の間で内戦が勃発、新たな人類滅亡の危機に直面します。

プレイヤーは人類存亡の鍵を握る人物Artyomとなり、メトロの“Last Light(最後の光)”としてこの苦境に立ち向かうこととなります。





Metro: Last Lightでは独特の雰囲気を持つ地下世界を舞台に、前作同様FPSとサバイバルホラーをミックスしたゲームプレイを用意、4Aのカスタムエンジン技術によりライティングや物理・破壊表現は更に磨きがかかり、シングルプレイキャンペーンに加えて新たに個性的なマルチプレイモードも存在するとのこと。

Portisheadの曲をフィーチャーしたアブストラクトなティーザートレイラーも公開


来週からスタートするE3 2011でも展示が決まっており、ゲームプレイのデモンストレーションが行われるそうなので、前作のファンは続報を心待ちにしておきましょう。(ソース: プレスリリース)


【関連記事】
『Metro 2033』の続編タイトル『Metro: Last Light』の存在をCEOが認める
DLCや続編の可能性も…THQが“Metro 2033 Last Light”関連のドメインを取得
『Metro 2033』の初DLC“Ranger Pack”の配信日と価格が決定
『Metro 2034』はPS3で発売の可能性も… 原作小説家がコメント
サバイバルホラーFPS続編『Metro 2034』は開発中、3Dにも対応予定
“字幕派”も、ぜひ吹き替えで訪れたい駅がある――『Metro 2033』日本版プレイレポート
海外レビューハイスコア 『Metro 2033』
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 『H1Z1: King of the Kill』PC版が9月に正式版へ―PS4/X1版は開発一時停止

    『H1Z1: King of the Kill』PC版が9月に正式版へ―PS4/X1版は開発一時停止

  2. 人間の直感の意味を問いかける一人称パズル『The Turing Test』が配信開始

    人間の直感の意味を問いかける一人称パズル『The Turing Test』が配信開始

  3. 『バトルフィールド1』インサイダー向けOBTが全機種で開始―エリート兵科出現方法も!

    『バトルフィールド1』インサイダー向けOBTが全機種で開始―エリート兵科出現方法も!

  4. 『Fallout 4』最終DLC「Nuka-World」海外版のロングゲームプレイ!

  5. 『YIIK』体験版が9月配信―『ペルソナ4』『マザー』などの要素色濃いインディーRPG

  6. 伝説的RPG続編『System Shock 3』のウォーレン・スペクターが語る展望

  7. Steamで『Fallout 4』最終DLC「Nuka-World」配信開始、日本語音声・字幕は未対応

  8. PC版『No Man's Sky』Steamストアでは「例外的な返金」認めず

  9. PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

  10. 新たなインディー世紀末ストラテジー『Overland』のパブリックアルファ実施へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top