THQ、『Metro 2033』の続編『Metro: Last Light』を正式発表! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

THQ、『Metro 2033』の続編『Metro: Last Light』を正式発表!

PC Windows



THQは本日、2010年に発売したFPS Metro 2033の続編となるMetro: Last Lightを正式に発表しました。開発は前作に続き4A Gamesが担当、Windows PC、Xbox 360、PlayStation 3を対象に2012年リリースとなります。





今作の舞台は2034年の核戦争後の世界。廃墟と化したモスクワの地下に広がる地下鉄網で、危険なミュータントなど外からの脅威に怯えつつ日々を送っていた人類は、軍の第6貯蔵庫に眠っていた最終兵器が発見されたことにより、メトロ各駅の間で内戦が勃発、新たな人類滅亡の危機に直面します。

プレイヤーは人類存亡の鍵を握る人物Artyomとなり、メトロの“Last Light(最後の光)”としてこの苦境に立ち向かうこととなります。





Metro: Last Lightでは独特の雰囲気を持つ地下世界を舞台に、前作同様FPSとサバイバルホラーをミックスしたゲームプレイを用意、4Aのカスタムエンジン技術によりライティングや物理・破壊表現は更に磨きがかかり、シングルプレイキャンペーンに加えて新たに個性的なマルチプレイモードも存在するとのこと。

Portisheadの曲をフィーチャーしたアブストラクトなティーザートレイラーも公開


来週からスタートするE3 2011でも展示が決まっており、ゲームプレイのデモンストレーションが行われるそうなので、前作のファンは続報を心待ちにしておきましょう。(ソース: プレスリリース)


【関連記事】
『Metro 2033』の続編タイトル『Metro: Last Light』の存在をCEOが認める
DLCや続編の可能性も…THQが“Metro 2033 Last Light”関連のドメインを取得
『Metro 2033』の初DLC“Ranger Pack”の配信日と価格が決定
『Metro 2034』はPS3で発売の可能性も… 原作小説家がコメント
サバイバルホラーFPS続編『Metro 2034』は開発中、3Dにも対応予定
“字幕派”も、ぜひ吹き替えで訪れたい駅がある――『Metro 2033』日本版プレイレポート
海外レビューハイスコア 『Metro 2033』
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. PC版『ゴーストリコン ワイルドランズ』日本語OBTプリロード開始!

    PC版『ゴーストリコン ワイルドランズ』日本語OBTプリロード開始!

  2. ダンジョン運営ゲーム最新作『Dungeons 3』発表!―ランダム生成やCo-opモードも新搭載

    ダンジョン運営ゲーム最新作『Dungeons 3』発表!―ランダム生成やCo-opモードも新搭載

  3. 『Rogue Legacy』開発元新作、4人協力格闘アクション『Full Metal Furies』発表

    『Rogue Legacy』開発元新作、4人協力格闘アクション『Full Metal Furies』発表

  4. 三人称サバイバル『Lost Region』最新ショット!全ての建物を探索可能

  5. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』海外ゲームプレイ!4人Co-opからキャラカスタマイズまで

  6. 『Don't Starve』開発新作『Oxygen Not Included』オープンアルファテスト開始!

  7. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

  8. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』海外TVCM!ゴーストが暴れまくる

  9. 『レインボーシックス シージ』PC向け低価格版が期間限定なしでの販売開始!

  10. 『レインボーシックス シージ』遂にタチャンカ大幅強化!大型調整パッチノート

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top