海外レビューハイスコア 『InFamous 2』(インファマス2) | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『InFamous 2』(インファマス2)

家庭用ゲーム PS3




ZTGameDomain: 9.2/10
コミックブックやスーパーヒーローゲームを好むなら、本作はまぎれもなくあなたが欲している体験です。

GameTrailers: 9.2/10

IGN: 9/10
サイドクエストをおざなりにした場合、街はより安全では無くなり(ゲームがより難しくなる)、購入できるスキルも少なくなるだろう。またBlast Shardsの回収を怠るならば、Coleが扱うことが出来る電撃も少なくなる。Dead Dropsの回収を怠る事も物語が不鮮明となる事を意味している。そしてユーザー作成コンテンツを拒めば、簡単なトロフィーの取得を逃すだけでなく、それはコミュニティ感の無いオリジナルの不足したInfamous 2となるだろう。本作は全ての事象が巧妙に相互作用しているのだ。

演出: 9/10
グラフィック: 8.5/10
サウンド: 8/10
ゲームプレイ: 8.5/10
持続性: 9.5/10

Game Informer: 8.8/10
Infamous 2に時間を費やすほど、私自身が本作の物語から剥離し始めている事に気付いた。しかしその代わりに、私は単純に驚くべきオープンワールドのスーパーヒーローファイトの経験を楽しむことが出来た。本作は素晴らしい要素をより良くする為に、物語の流れというものを犠牲にしているが、これは必ずしも悪い事ではない。

Gamereactor Sweden: 8/10
本作は私たちが好む続編の形です。コンセプトを昇華させ、ゲーム体験を完全に磨き上げています。新たなColeの冒険は完璧ではありませんが、限りなくそこに近いでしょう。

Eurogamer: 8/10
本作は反復される続編のアプローチとして素晴らしい例です。微調整や、フィックスが行われ、シリーズものとしてフォーカスを当て始めていると感じられます。(中略)一作目がColeに目的を与えたとするならば、本作ではパーソナリティーを与えたと言えるでしょう。

GameSpot: 7.5/10
小さな問題が、本作を偉大な作品とさせるのを阻止している。しかしColeの新しい冒険には、しびれるような多くの楽しみが存在している。
長所: 多様なアートデザインによって息が吹き込まれたゲームの舞台New Marais。多様な敵タイプ。パワフルな自作ツール。戦闘やアクションには多くの面白みが存在する。
短所: 滑稽なモラルシステム。時折バランスの取れていない戦闘。むらのあるペース。

Edge Magazine: 6/10
ゲームの後半部分で本作は失敗の道を下っていく。一つ言える確かなことは、inFamous 2が素晴らしいアクションゲームならば、誰もこのようなものは作らないという事だ。


* * * * * * *


Playstation 3専用ソフトとして、北米で6月7日に発売となったinFamous 2の海外レビューハイスコアです。前作に引き続きSucker Punch Productionsが開発、SCEが販売を手掛ける本作では、新要素としてユーザー作成ミッション(UGC)や、ゲーム内容に変化を与える道徳システムなどをフィーチャー。

現在Metacriticには26件のレビューが掲載され、そのスコアは上が92、下がEdge Magazineの60となっており、現在のメタスコアは84を記録。2009年に発売された前作inFamousの85スコアより、わずかに上回る結果となりました。



多くのレビューサイトでは、アニメーションやグラフィック、そしてゲーム性が前作から様々な点で大きく向上していると評価され、その一つでもあるユーザー作成コンテンツが更なる持続性を持ち合わせているとしています。

一方で、60スコアと辛辣なレビューが行われたEdge Magazineでは、本作は“二つ半分にわかれたゲーム”として、その片方は“酷い”と表現。道徳システムが採用されている本作では、KuoとNixという女性NPCが登場し、どちらかに協力することで善悪メーターが変化するという要素がありますが、同サイトのレビューでは、サイコなNixの要件に感情移入が難しいとコメント。またThe Devourerというボスはこれまで見た中で最もひどいボスとしたほか、ゲームの後半部分はミッションも単調になると指摘しています。しかしながらゲームの舞台は前作よりもより良くなっていると評価し、ゲームの最初は入念に課題がセットされ、実際にかなり良いとしています。

国内では7月7日に発売が予定されています。
(ソース: Metacritic)


【関連記事】
北米PlayStation Storeで『inFamous 2』のデモがリリース!
『inFamous 2』の初レビューが掲載、前作のトロフィー引継ぎ要素も判明!
最大の脅威“The Beast”が降臨!『inFamous 2』最新トレイラー
『inFamous 2』の巨大ボス直撮りゲームプレイや日本版吹替トレイラーが公開
GDC 11: 可能性は無限!『inFamous 2』はユーザー作成ミッションをフィーチャー
『inFamous 2』最新ショットが到着、道徳システムの詳細も判明!
《Round.D》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『LET IT DIE』待望の新装備登場! 期間限定イベントや日本版エネミー声優も

    『LET IT DIE』待望の新装備登場! 期間限定イベントや日本版エネミー声優も

  2. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

    『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  3. PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

    PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

  4. 戦隊ヒーローSRPG『Chroma Squad』海外PS4/XB1版の発売時期決定―PS Vita版はキャンセル

  5. 墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

  6. 『ショベルナイト』DLC「Specter of Torment」完成、今度の主役は「Specter Knight」!

  7. 巨躯との熱戦も!『Horizon Zero Dawn』海外ゲームプレイ集

  8. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  9. 『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』全米脚本家組合賞ゲーム部門を受賞

  10. PC/PS4『ゴーストリコン ワイルドランズ』国内オープンベータ実施決定!2月24日より

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top