ソニー、“PSN Pass”の存在を認める…『Resistance 3』から導入へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ソニー、“PSN Pass”の存在を認める…『Resistance 3』から導入へ

家庭用ゲーム PS3

SCEAおよびSCEEは、今週海外サイトで噂になっていたPS3タイトル用のネットワークパスプログラム“PSN Pass”の存在を正式に認める声明を発表しました。

PSN Pass(仮称)は、昨年からElectronic ArtsやTHQ、Codemastersをはじめとする大手メーカーが、主にゲームの中古販売対策として導入している“Online Pass”と同様の試み。

発表によると、このプログラムは9月に発売されるResistance 3から導入予定で、新品のパッケージ内にそのタイトルの“完全なオンライン機能へのアクセス”を有効にする一回のみ引き換え可能なコードを封入するとのこと。これにより、中古でゲームを購入した場合は、オンライン機能のアクセスに追加の料金を支払う必要が生じることになります。

また、プログラムの対象となるのはソニーのファーストパーティータイトルに限定され、ゲームによっては非対応のものも存在する模様。ソニーはこの試みが、自社タイトルにおけるプレミアムオンラインサービスの強化という義務をさらに加速させることができる重要なイニシアチブだと説明。

尚、新品にオンラインモードの一回きりのアンロックコードを同梱する試みは、ModNation RacersやSOCOM: U.S. Navy SEALs Fireteam Bravo 3といったPSPタイトルで既に採用されていたようです。

プログラムの更なる詳細や今後の対応タイトル、そして日本国内のタイトルでも導入されるかなど、続報の到着が待たれます。(ソース: Eurogamer, Kotaku: Sony Confirms ‘PSN Pass’ Program, Required for Resistance 3’s Online Modes)


【関連記事】
OXMに『Crysis 2』の初レビューが掲載、オンラインパスの非対応も確認
長く遊べそうなのは新品で…「ゲームを(中古ではなく)新品で買う理由」海外調査結果
Treyarch社長: 『Call of Duty: Black Ops』の中古対策は“強力なマルチプレイヤー”
EA、新作スポーツタイトルに中古対策のオンラインパスを同梱
噂:「ソニーはPSNをXbox LIVEのような有料のみのサービスにする計画がある」
米国PSNユーザー向けに保護プログラムが提供、ストリンガー会長から謝罪も
PS3の最新ファームウェアv3.60がリリース、“セーブデータお預かり機能”に対応
PlayStation Plusの第2弾コンテンツ内容が発表、『ゴミ箱』他
定額制サービスPlayStation Plusの国内向けコンテンツ内容が発表
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 新作サーフィンゲーム『Surf World Series』プレイ映像!―華麗なトリックを決めろ

    新作サーフィンゲーム『Surf World Series』プレイ映像!―華麗なトリックを決めろ

  2. N64本体をスイッチ用ドックに改造したユーザー現る

    N64本体をスイッチ用ドックに改造したユーザー現る

  3. 『マインクラフト』に戦隊ヒーロー「パワーレンジャー」のスキンパックが登場!

    『マインクラフト』に戦隊ヒーロー「パワーレンジャー」のスキンパックが登場!

  4. 『ウォッチドッグス2』新たな無料コンテンツ発表、DLC第3弾は4月海外配信

  5. 『Destiny 2』新映像でPS4時限独占コンテンツ告知

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』先行試射会の6時間でわかったこと

  7. 『Uncharted: The Lost Legacy』でサリーは主役候補だった―開発裏話

  8. 【特集】ゲームバイヤーが見た、ニンテンドースイッチの行方―販売状況や入荷予定は?

  9. ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

  10. PS4版『FF15』DL版のセールが開催―4月3日までの期間限定!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top