ハードコアゲーマーのためのWebメディア

違法コピー懸念し『Ghost Recon: Future Soldier』のPC版が発売中止−海外報道

PC Windows



違法コピーの存在を理由に、新作『I Am Alive』ではPC版を発売しない意向を明らかにしたパブリッシャーのUbisoftですが、新たに別のメジャータイトル『Ghost Recon: Future Soldier』でもPC版が発売されないと一部海外サイトで報道がなされています。

これは、PC Gamerに掲載された『Ghost Recon: Online』のプロデューサーSebastien Arnoult氏へのインタビューから明らかになったもので、当初PC向けにも発表されていた新作『Ghost Recon: Future Soldier』は、現在コンソールのみでの発売が予定されているとのこと。

インタビューを受けたArnoult氏は、「95%のユーザーが違法ダウンロードを行なっている」などと指摘、そうした背景を踏まえ、PCユーザーには『Future Soldier』の単純な移植よりも、F2P(基本プレイ無料)モデルを採用し制約の多い従来のDRMを取り払った『Ghost Recon: Online』のような作品が適していると考えたそうです。

一方、これら報道に対して、別のUbisoft担当者からは「噂を信じるな、公式情報は常に良いものになる」といったTwitter発言が飛び出しており、『Ghost Recon: Future Soldier』の発売機種に関しては正式な情報開示が待たれる状況です。(ソース: PC Gamer: Ghost Recon Online being free-to-play is a counter to piracy, says Ubisoft producer via Blue's News)


【関連記事】
PC版『I Am Alive』配信の予定は今のところ無し、理由は海賊行為
英国での違法コピー件数が2006年から上昇傾向、海賊行為が徐々に蔓延中
Ubisoft: 『Assassin's Creed: Revelations』は常時接続が必要なDRMを使用しない
『From Dust』PC版のDRM削除パッチが配信、PSN版の配信日も決定
Ubisoft: 常時ネット接続が必要なDRM戦略は成功している
『Ghost Recon: Future Soldier』の海外リリース日が3月6日に決定
『Ghost Recon: Future Soldier』のマルチプレイヤーベータは2012年1月に実施
Wii U『Ghost Recon: Online』のウォークスルームービーが公開
E3 11: 『Ghost Recon: Future Soldier』Kinect対応が発表!実際の使用シーンも
Ubisoft、基本プレイ無料の『Ghost Recon Online』を正式発表
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 頼もしいダンボール装備も!『Killing Floor 2』大規模アップデート配信

    頼もしいダンボール装備も!『Killing Floor 2』大規模アップデート配信

  2. ググるだけで遊べる!Googleが「ソリティア」「マルバツゲーム」を公開

    ググるだけで遊べる!Googleが「ソリティア」「マルバツゲーム」を公開

  3. PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

    PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

  4. 開発8年!繊細ドット絵2Dアドベンチャー『Owlboy』がいよいよ配信される

  5. Steam版『超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1』が国内で解禁!日本語UI/字幕も追加

  6. 幻想探索記『Obduction』ローンチ映像―金字塔『Myst』クリエイター最新作

  7. 『タイタンフォール2』マルチプレイテストはPS4/XB1のみ対象として実施

  8. ボトル&キャッピーが紹介!『Fallout 4: Nuka-World』海外向けテーマソング映像

  9. 『オーバーウォッチ』PTRでハンゾーとソルジャー76が調整―次期アップデート

  10. 変なエイリアンのノリノリACT『ToeJam & Earl: Back in the Groove』2017年復活決定!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top