ハードコアゲーマーのためのWebメディア

違法コピー懸念し『Ghost Recon: Future Soldier』のPC版が発売中止−海外報道

PC Windows



違法コピーの存在を理由に、新作『I Am Alive』ではPC版を発売しない意向を明らかにしたパブリッシャーのUbisoftですが、新たに別のメジャータイトル『Ghost Recon: Future Soldier』でもPC版が発売されないと一部海外サイトで報道がなされています。

これは、PC Gamerに掲載された『Ghost Recon: Online』のプロデューサーSebastien Arnoult氏へのインタビューから明らかになったもので、当初PC向けにも発表されていた新作『Ghost Recon: Future Soldier』は、現在コンソールのみでの発売が予定されているとのこと。

インタビューを受けたArnoult氏は、「95%のユーザーが違法ダウンロードを行なっている」などと指摘、そうした背景を踏まえ、PCユーザーには『Future Soldier』の単純な移植よりも、F2P(基本プレイ無料)モデルを採用し制約の多い従来のDRMを取り払った『Ghost Recon: Online』のような作品が適していると考えたそうです。

一方、これら報道に対して、別のUbisoft担当者からは「噂を信じるな、公式情報は常に良いものになる」といったTwitter発言が飛び出しており、『Ghost Recon: Future Soldier』の発売機種に関しては正式な情報開示が待たれる状況です。(ソース: PC Gamer: Ghost Recon Online being free-to-play is a counter to piracy, says Ubisoft producer via Blue's News)


【関連記事】
PC版『I Am Alive』配信の予定は今のところ無し、理由は海賊行為
英国での違法コピー件数が2006年から上昇傾向、海賊行為が徐々に蔓延中
Ubisoft: 『Assassin's Creed: Revelations』は常時接続が必要なDRMを使用しない
『From Dust』PC版のDRM削除パッチが配信、PSN版の配信日も決定
Ubisoft: 常時ネット接続が必要なDRM戦略は成功している
『Ghost Recon: Future Soldier』の海外リリース日が3月6日に決定
『Ghost Recon: Future Soldier』のマルチプレイヤーベータは2012年1月に実施
Wii U『Ghost Recon: Online』のウォークスルームービーが公開
E3 11: 『Ghost Recon: Future Soldier』Kinect対応が発表!実際の使用シーンも
Ubisoft、基本プレイ無料の『Ghost Recon Online』を正式発表
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. フェチ詰め込みすぎな三人称パズルACT『Haydee』が配信開始!―主人公が艶めかしい…

    フェチ詰め込みすぎな三人称パズルACT『Haydee』が配信開始!―主人公が艶めかしい…

  2. 少しHなガンSTG『ぎゃる☆がん だぶるぴーす』PC版配信開始―日本語も収録

    少しHなガンSTG『ぎゃる☆がん だぶるぴーす』PC版配信開始―日本語も収録

  3. 血しぶき飛び散る略奪バトル!新作5v5格闘『SMASH+GRAB』早期アクセス配信

    血しぶき飛び散る略奪バトル!新作5v5格闘『SMASH+GRAB』早期アクセス配信

  4. 『Sunset Overdrive』PC版の可能性にInsomniac Gamesがコメント

  5. PC向けACT『Clustertruck』発売―トラック荷台を乗り継ぎカオスなコースを駆け抜けろ!

  6. 『HITMAN』次なる舞台は「コロラド」!カカシに扮して敵を欺くことも

  7. ナチス少女が主役のADV『燃え萌えナチス少女ゲッペルスちゃん』がSteam Greenlightに登場

  8. PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

  9. e-Sports志向の対戦ACT続編『Battlerite』の早期アクセスが開始

  10. Steam所持ゲームをGOGで無料入手!「GOG CONNECT」新タイトル追加

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top