ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Half-Life 3』の公式サイトに関する新たな事実が判明

ニュース 最新ニュース

先日存在が明らかになり、フェイクの可能性が高いと見られていた『Half-Life 3』の公式サイトを装った謎のウェブサイトwww.Black-Aperture.comですが、海外サイトの調べで新たな事実が判明したようです。

それによると、同サイトのWHOIS検索でドメインの所有者として登録されていたNetwork Solutionsなる企業名は、遡ること2006年にValveが『Portal』のために用意したバイラルサイトApertureScience.comのドメイン登録企業名と一致するのだとか。

また、サイト名に使われている“Status: Mark 7”が、ゴードン・フリーマンの新型HEVスーツの登場を暗示するものと指摘されている他、サイトのHTMLソース内に“2012”という記述があること、黒い背景の16進数カラーコードが“#000000”ではなく“#000003”になっている点などが、何らかのヒントに結びつくかもしれないと言われています。

今後このサイトやValveで動きがあるのか、それともやはりフェイクで終わってしまうのか、続報が見守られます。(ソース: DSOGaming)

追記: 現在www.Black-Aperture.comから『Half-Life 3』のロゴなどが削除され白紙状態となっています。


【関連記事】
『Half-Life 3』の公式サイトが出現、大方はフェイクとの見解
噂: 米国の声優が『Half-Life: Episode 3』の音声を収録
ピーター・モリニューの息子ルーカス君からValveにメッセージ
Valve社員が『Half-Life 3』のTシャツを着ているのが見つかる
『Dota 2』のベータクライアントから『Half-Life 2: Episode 3』のデータが発見
Valve本社前で海外ファンが『Half-Life 3』の発売を要求
Valve: ゴードン・フリーマンの冒険はまだ終っていない
Valve: 『Half-Life 2: Episode 3』の発売に関しては話す準備が出来ていない
『Half-Life 2: Episode 3』の噂に関してGabe Newellがコメント
Valve: ゴードン・フリーマンは将来の『Half-Life』作品でも無言
Gabe Newell氏: 『Half-Life』次回作ではプレイヤーを心から恐怖させる必要がある
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. DC格闘『Injustice 2』最新トレイラー、悩殺ワンダー・ウーマンが参戦!

    DC格闘『Injustice 2』最新トレイラー、悩殺ワンダー・ウーマンが参戦!

  2. 『FIFA 17』日本版初回パッケージに槙野智章選手!サイン入りユニのプレゼントも

    『FIFA 17』日本版初回パッケージに槙野智章選手!サイン入りユニのプレゼントも

  3. 任天堂、『ポケモンGO』が業績に与える影響は「限定的」と言及

    任天堂、『ポケモンGO』が業績に与える影響は「限定的」と言及

  4. ソニックが2人!?『Project Sonic』海外発表―NX/PS4/XB1/PC向けに開発中

  5. 『ポケモンGO』ポケストップ効果で大手ゲーム小売GameStopの売上倍増―CEO「非常に満足」

  6. 『オーバーウォッチ』が首位、ハードは大きな落ち込み―2016年6月の米国セールスデータ

  7. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  8. 配信開始の『Pokemon GO』ゲーム情報が続々公開―安全にプレイするための注意事項も

  9. PC版『ライフ イズ ストレンジ』EP1「サナギ」が国内でも無料配信中!

  10. 『グランツーリスモSPORT』「カーパック」2種の国内向け情報解禁

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top