『Half-Life 3』の公式サイトに関する新たな事実が判明 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Half-Life 3』の公式サイトに関する新たな事実が判明

ニュース 最新ニュース

先日存在が明らかになり、フェイクの可能性が高いと見られていた『Half-Life 3』の公式サイトを装った謎のウェブサイトwww.Black-Aperture.comですが、海外サイトの調べで新たな事実が判明したようです。

それによると、同サイトのWHOIS検索でドメインの所有者として登録されていたNetwork Solutionsなる企業名は、遡ること2006年にValveが『Portal』のために用意したバイラルサイトApertureScience.comのドメイン登録企業名と一致するのだとか。

また、サイト名に使われている“Status: Mark 7”が、ゴードン・フリーマンの新型HEVスーツの登場を暗示するものと指摘されている他、サイトのHTMLソース内に“2012”という記述があること、黒い背景の16進数カラーコードが“#000000”ではなく“#000003”になっている点などが、何らかのヒントに結びつくかもしれないと言われています。

今後このサイトやValveで動きがあるのか、それともやはりフェイクで終わってしまうのか、続報が見守られます。(ソース: DSOGaming)

追記: 現在www.Black-Aperture.comから『Half-Life 3』のロゴなどが削除され白紙状態となっています。


【関連記事】
『Half-Life 3』の公式サイトが出現、大方はフェイクとの見解
噂: 米国の声優が『Half-Life: Episode 3』の音声を収録
ピーター・モリニューの息子ルーカス君からValveにメッセージ
Valve社員が『Half-Life 3』のTシャツを着ているのが見つかる
『Dota 2』のベータクライアントから『Half-Life 2: Episode 3』のデータが発見
Valve本社前で海外ファンが『Half-Life 3』の発売を要求
Valve: ゴードン・フリーマンの冒険はまだ終っていない
Valve: 『Half-Life 2: Episode 3』の発売に関しては話す準備が出来ていない
『Half-Life 2: Episode 3』の噂に関してGabe Newellがコメント
Valve: ゴードン・フリーマンは将来の『Half-Life』作品でも無言
Gabe Newell氏: 『Half-Life』次回作ではプレイヤーを心から恐怖させる必要がある
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『ウィッチャー』シリーズ累計販売は2500万本

    『ウィッチャー』シリーズ累計販売は2500万本

  2. モバイル向け狙撃FPS『Tom Clancy’s ShadowBreak』海外発表―ストラテジー要素も

    モバイル向け狙撃FPS『Tom Clancy’s ShadowBreak』海外発表―ストラテジー要素も

  3. 『BF1』「Premium Friend」発表―Pass所持フレンドとならDLC未所持でも…?

    『BF1』「Premium Friend」発表―Pass所持フレンドとならDLC未所持でも…?

  4. 中二ラクガキ『ドローン・トゥ・デス』4月国内配信!PS Plusフリープレイでも提供

  5. EA DICE新作『Star Wars Battlefront II』詳細は4月のイベントにて公開

  6. 【漫画じゃんげま】83.「それでいいのか」の巻

  7. 『Destiny 2』日本語吹替え映像!前作大型アップデート「勝利の時代」も

  8. MMO『The Secret World』がF2PアクションRPGとして再始動

  9. 海外サイトが選ぶ『名作アクションRPGシリーズ』TOP10

  10. Co-op狩猟ゲーム『Hunting Simulator』海外発表―PS4/XB1/PCで一狩り!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top