ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PC版『Battlefield 3』にてハッカーが正規プレイヤーをBAN?EAが調査中

PC Windows

昨年11月には数百人がBANされるなど、精力的に不正行為者に対し鉄槌を下していることが伺える『Battlefield 3』ですが、なんとハッカー側が本作の正規プレイヤーをBANしているという情報が海外にて報じられ話題となっています。

事の発端は様々なゲームのチート&ハック情報を掲載しているサイトArtificial Aimingのフォーラムにて、ユーザーAnonpbspooferがコメントをポストし、チート対策ツールPunkBusterを“正しく導くために”正規プレイヤーをBANしていることを明らかにしたというもの。

ポストされたコメントによれば、BANは「とても簡単」だそうで、既に150人以上の『BF3』プレイヤーを不正追放したとのこと。BAN行為は最もストリーミングの多いサーバーにて行われていたそうですが、現在のターゲットはチーター情報を共有するGGC-Streamのユーザーに推移。AnonpbspooferはGGC-Streamユーザーの情報が掲載されていると見られる画像5枚もアップロードし、数日後に彼らを含めたさらなる大規模BANを行うと宣言しています。

なおこの件の背景にはチート対策ツールに対するハッカーたちの不満意識があり、過去にも同じ作戦名“The Unerring PunkBuster(正しいPunkBuster)”で2度に渡って大規模なハッキング行為が行われていた模様です。ただし火床となったArtificial AimingはAnonpbspooferは最近加入したばかりのメンバーであるとコメントしており、この件とAAは無関係だと関与を否定しています。

当事者であるElectronic Artsは、今回の件に対し「(PC版のみで)一部の『Battlefield 3』プレイヤーがPunkBuster対応サーバーで接続問題を経験していることに気づいています」と発言。現在この問題を精力的に調査していると述べ、まだ接続問題がある場合はPunkBusterを使用していないサーバーを利用するように推奨しています。
(ソース: Kotaku)


【関連記事】
チートを使って『Battlefield 3』の開発者を倒しまくる挑発的な動画がアップロード
『Modern Warfare 3』不正プレイヤーが“5,000日間”BANされる
『Battlefield 3』“Boosting”などで不正を行ったチーター数百人がBAN
『Red Orchestra 2』の発売日が決定! チート対策に関する情報も公開
『CoD4』や『MW2』でPS3ハックによるチートが深刻化、パッチでは修正不可能
《ishigenn》

PC アクセスランキング

  1. Steamトップページの2003年から現在までの変遷!―あなたはいつから使い始めた?

    Steamトップページの2003年から現在までの変遷!―あなたはいつから使い始めた?

  2. 独自の宇宙ステーションを構築できる新作シム『Stable Orbit』が発表!

    独自の宇宙ステーションを構築できる新作シム『Stable Orbit』が発表!

  3. すべてをカスタマイズ可能な3D格闘ゲーム『EF-12』がSteam配信開始!

    すべてをカスタマイズ可能な3D格闘ゲーム『EF-12』がSteam配信開始!

  4. 『Rainbow Six Siege』拡張「Skull Rain」新オペレーター海外映像!尋問シーンも登場

  5. 『マフィア III』復讐を誓った主人公リンカーンを紹介する国内トレイラー

  6. 『サドンアタック2』サービス中止が決定、韓国での開発・サービス中止に伴う形で

  7. 水中探索ADV『ABZU』序盤13分ゲームプレイ!心洗われる美しい世界

  8. クラシカルなWW2FPS『Day of Infamy』が早期アクセス開始!―『Insurgency』開発元の新作

  9. 『エルダー・スクロールズ・オンライン』日本語版無料体験実施、LogicoolやRazer製品が当たるキャンペーンも

  10. 『Rainbow Six Siege』PCとXbox Oneで週末無料実施が海外発表―名声2倍イベントも

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top