“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

スクエニ、『Call of Duty ELITE』の日本国内でのサービス提供を断念

April 19, 2012(Thu) 18:47 / by Ten-Four

スクウェア・エニックスは本日、以前より予定していた『Call of Duty ELITE』の日本国内でのサービス提供を断念したと、自社の公式ポータルブログ「SQUARE ENIX EXTREME EDGES」にコメントを掲載しました。下記がその掲載内容です。

ACTIVISION社が米国等で提供している『Call of Duty ELITE』について、ACTIVISION社と協議の結果、日本国内でのサービスの提供を断念することとなりましたので、お知らせいたします。

ACTIVISION社の『Call of Duty Elite』のサービスチームは、各地域のお客様に現地の言語によって完璧なサポート体制が整うまでエリートのサービスを控えるという方針をとっており、当社と致しましても、お客さまにご満足頂けるサポート体制を整えることができるよう準備を進めてまいりました。

しかしながら、『Call of Duty Elite』のサービスチームでは、現段階で日本語による万全の体制を整えることが難しく、ACTIVISION社との協議の結果、『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3 字幕版/吹き替え版(PlayStation 3版、Xbox 360版、Windows版)』において、日本国内での同サービスの提供を断念することとなりました。楽しみにされていたお客様には残念なお知らせとなり誠に申し訳ございません。

なお、米国版『Call of Duty Elite』で先行配信されておりますダウンロードコンテンツは、順次日本国内におきましても有料配信される予定です。各ダウンロードコンテンツの詳しい内容、配信日、価格については、当社公式ホームページでお知らせします。

『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3』に関するお問い合わせは「スクウェア・エニックス サポートセンター」までお願い申し上げます。

『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3』の発売から随分時間が経っていたので『Call of Duty Elite』の国内サービス提供を心配していたユーザーも多かったのではないでしょうか、非情に残念でなりません。

その他、PS3『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3』の追加ダウンロードコンテンツ第1弾となる「Collection 1」を、明日4月20日よりPlayStation Networkにて配信開始するとも掲載されています。
(ソース: 日本語版 Call of Duty ELITE の提供について, PS3版追加ダウンロードコンテンツ「Collection 1」配信決定)


【関連記事】
噂:『CoD: Black Ops 2』の小売店用ポスター写真がリーク
アナリスト: 市場が初動型になり『Modern Warfare 3』セールスは減少している
噂: 『Call of Duty: Black Ops 2』のロゴとトレイラー解禁日がリーク
噂: 『Call of Duty: Black Ops 2』のマルチプレイヤー情報が大量リーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image