噂: 次世代Xboxのハードウェアが製造段階に移行 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: 次世代Xboxのハードウェアが製造段階に移行

家庭用ゲーム Xbox360

コードネーム“Durango”やXbox Liteなど、業界内で様々な憶測が飛び交うMicrosoftの次世代コンソールですが、今週IGNにて、既にハードウェアの製造が始まっているとの新たな説が報じられています。詳細は以下よりご覧ください。

■ 次世代Xboxの製造は、現在Xbox 360本体の組立を行い、初代Xboxの製造元でもあるFlextronicsのテキサス州オースティン工場で行われている

■ 製造段階へ達するのに先立ち、Flextronicsは社内とは分離されたテストグループを作った

■ このチームは次なるXboxの総合的なマーケティング、ソフトウェア及びハードウェアのテストを担当

■ この作業の完了後、Flextronicsはハードウェアの製造を開始。但しそれはDurangoの登場が近いことを意味しているわけではない

■ MSが今年のE3で新ハードを公開しないと表明していることもあり、製造されたハードウェアは開発キットである可能性が高い

尚、MicrosoftはIGNの問い合わせに対し、「我々のプラットフォームの次が何になり、どのようにライフサイクルの慣習に挑んでいくか常に考えているが、噂や憶測にはそれ以上コメントできない」と回答しています。(ソース: IGN: Is Microsoft Already Manufacturing the Next Xbox?)


【関連記事】
噂: 海外ゲーム誌にドゥランゴ情報が掲載、次世代機向けゲームがE3で先行発表か
次世代タイトルの開発コストは2倍に−ドゥランゴ開発者が証言
常時オンライン必須、Blu-ray、デュアルGPU搭載… 次世代Xboxの更なる噂
次世代GPU、中古対策、後方互換なし… PS3後継機“Orbis”の噂情報
噂: 次世代Xboxの前にARMベースの“Xbox Lite”が登場
Crytekの従業員が“ドゥランゴ開発者サミット”に参加しているとツイート
噂: Xbox後継機のコードネームは“ドゥランゴ”
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 海外レビュー速報『Horizon Zero Dawn』

    海外レビュー速報『Horizon Zero Dawn』

  2. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

    『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  3. PS4『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信決定!オンライン対戦実装の大型無料アプデも予定

    PS4『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信決定!オンライン対戦実装の大型無料アプデも予定

  4. MSフィル・スペンサーが来日予定、国内大手メーカーと会談か

  5. 『ファイナルファンタジーVII リメイク』『キングダム ハーツIII』のスクリーンショットが海外イベントで披露!

  6. 文明絶頂から崩壊1000年後までを映す『Horizon Zero Dawn』タイムラプス映像

  7. 『ニーア オートマタ』新TVCMが公開中…「命もないのに殺し合う」

  8. 盗まれたニンテンドースイッチ本体が流出―米任天堂が明らかに

  9. かずのこ選手監修の『フォーオナー』ヒーロー紹介映像!6ヒーローのオススメ戦法とは?

  10. PS4最新作『ニーア オートマタ』各種特典が発表―店舗別特典は5種類

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top