ハードコアゲーマーのためのWebメディア

全4作?BungieとActivisionの契約内容より最新作“Destiny”の概要が浮上

PC Windows

昨年の夏には幾つかの噂情報が報じられ話題となったBungie最新作ですが、29日に開廷が予定されているActivisionと元Infinity Ward幹部の裁判にて、そのBugieとパブリッシャーActivisionの契約内容の一部が公開。最新作“Destiny”のリリーススケジュールや経営契約など、興味深い情報が多く見えてきたようです。

今回はプロジェクト名が“Destiny”であることや、同作がSci-fiの世界観を持ったアクションシューターであること、全4作のフランチャイズとして製作されていることなど重要な情報が明らかに。また『Marathon』新作の可能性や、Activisionとの経営的な契約内容など、興味深い情報が多く含まれる内容となっています。詳細は以下の通り。

■Bungie最新作に関する契約内容

* Bungie最新作のコードネームは昨年噂されていた“Destiny”。

* Sci-fiの世界観を持ったアクションシューター。

* 最新作は全4作のフランチャイズを予定。1年おきにリリースされ、第1作目は2013年秋の登場を目指す。

* ダウンロード形式のエキスパンションパックプロジェクト“Comet”が存在。“Destiny”と同様に全4作が予定。1年ごとに配信され、第1弾は2014年秋にリリース予定。

* 1作目の“Destiny”はXbox 360、及び次世代Xboxにてリリースされる予定。2作目以降はPlayStation 3やPCにて発売する計画もある。

■『Marathon』最新作に関する契約内容

* Bungieは社内スタッフの5パーセントまでを『Marathon』最新作のプロトタイプ開発に充てることができる。

■経営に関する契約内容

* Bugienには開発費、生産費、マーケティング費用などのコストを差し引いた20から35パーセントのロイヤリティを得る権利がある。

* スタジオのクオリティや予算評価により、ActivisionからBungieへ毎年ボーナスとして250万ドルが2010年から2013年に支払われる。

* 第1作目の“Destiny”がGameRankingsにて90/100以上の平均スコアを獲得すると、250万ドルのボーナスが支払われる。

(ソース: LosAngelsTimes)


【関連記事】
Bungie.netの『Halo』シリーズ統計サービスが終了、約8年の累計レコードが公開
Bungieの名作FPS『Marathon』三部作が無料公開
Bungie Aerospace第一弾『Crimson: Steam Pirates』がiPad向けに無料配信
新作のゲーム内映像も!Bungieが長時間のドキュメンタリーを公開
Bungieの名作FPS『Marathon』がiPad向けに無料配信
《ishigenn》

特集

PC アクセスランキング

  1. 『バトルフィールド1』インサイダー向けOBTが全機種で開始―エリート兵科出現方法も!

    『バトルフィールド1』インサイダー向けOBTが全機種で開始―エリート兵科出現方法も!

  2. Steamで『Fallout 4』最終DLC「Nuka-World」配信開始、日本語音声・字幕は未対応

    Steamで『Fallout 4』最終DLC「Nuka-World」配信開始、日本語音声・字幕は未対応

  3. PC版『No Man's Sky』Steamストアでは「例外的な返金」認めず

    PC版『No Man's Sky』Steamストアでは「例外的な返金」認めず

  4. 新たなインディー世紀末ストラテジー『Overland』のパブリックアルファ実施へ

  5. PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

  6. 『Fallout 4』DLC「Nuka-World」国内トレイラー!みんな大好きヌカ・ワールドへようこそ

  7. キャラクター小っさ!血みどろ2Dガンアクション『BUTCHER』が2016年秋Steam配信

  8. PC版『No Man's Sky』一部プレイヤーの探索情報がリセット、同期不具合の可能性

  9. 太陽系外の惑星が舞台の街づくりシム『Aven Colony』発表!―挑戦的な環境でコロニー構築

  10. 『Fallout 4』新DLC「Nuka-World」の新要素をライブ配信予定!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top