ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『クロノクロス』、『聖剣伝説』にインスパイアされた2DRPG『Rainfall』のKickstarterが開催中

November 17, 2012(Sat) 02:43 / by FURUKAWA



最近では、毎月一本のリリースを目標とした『Retro Game Crunch』やメガドライブでのリリースを目指す『Pier Solar』など、レトロをコンセプトに掲げるタイトルがKickstarter企画として登場していますが、新たに90年代のJRPGに感化された『Rainfall: The Sojourn』が密かに注目を集めています。

本作は、90年台のスーパーファミコンや初期プレイステーションを彷彿とさせる2Dのグラフィックが大きな特徴。プロジェクトの創始者Karim H氏いわく『ワンダと巨像』、『DARK SOULS』、『聖剣伝説』、『クロノクロス』、『幻想水滸伝』など日本のゲームに感化され、『ファイナルファンタジー VI』のストーリーテリングから影響を受けているとの事。


戦闘は、キャラクターの位置や技の連携にフォーカスを当てたリアルタイムシステムを採用。様々な探索マップやパズル、キャラクター毎の固有スキル等も用意されているようです。また、本作は日本のゲームの他、実在する世界史や民族、文化等からも大きな影響を受けており、ゲーム中にも様々な形で登場するとの事。

プロジェクトの当初の目標は6,000ドルでしたが、19日間の猶予を残して、既に出資額10,000ドル以上を集めており、新たなボスや2週目以降のモード追加が決定している模様です。



(ソース&イメージ: Kickstarter - Rainfall: The Sojourn)

【関連記事】6ヶ月で6本のゲームをリリースするKickstarterキャンペーン『Retro Game Crunch』が始動
2010年にメガドライブでリリースされた『Pier Solar』がKickstarterで復活
ツイードパンク・ロボホラー『Sir, You Are Being Hunted』のKickstarterが目標達成
Desuraで人気を博したサバイバルホラー『Erie』がKickstarterに登場
スチームパンクで蘇る『The Ship』続編のKickstarterが開始、目標額は12万8千ポンド
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image