ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』新エディットパーツなど追加要素満載、前作のデータも引き継ぎOK

家庭用ゲーム Xbox360

カプコンは、PS3/Xbox360ソフト『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』の最新情報を公開しました。

『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』は、カプコンのオープンワールドタイプアクション『ドラゴンズドグマ』に新要素を追加した新作です。

同作では新たなエディットパーツが実装されます。同作のの魅力の一つでもあるキャラクターエディット。これは主人公とメインポーンの姿を自由に編集できる機能です。充実したエディットのパターンに加え、さらに新たなパーツが追加されるといいます。より好みにあったキャラクターへとエディットすることができ、プレイヤーの没入感も一層増すことでしょう。

また本作では『ドラゴンズドグマ』で登場した装備に加え、新たな武器、防具が多数追加されています。凶悪なモンスターとの戦闘に適した装備から、魅力的なコーディネートも楽しめるものまで多種多彩。より詳しい内容は今後の情報に期待しましょう。

そして冒険者なら一度は立ち寄ったことのある「漁村カサディスの桟橋」。そこに佇む女性・・・憂いに満ちた新たなる人物との出会いが闇に落ちていく「覚者」の物語の始まりとなるようです。

さらに同作では前作『ドラゴンズドグマ』で作成したセーブデータを引き継ぐことが可能。前作で育てた覚者とポーンのレベルやステータスなどすべての要素を引き継いだ状態で本作を始めることができます。新たな冒険に備え、今から覚者やポーンを十分に育てておきましょう。

そして同作では日本語フルボイスが実現します。ドラゴンを小川真司さん、キナを小松由佳さん、メルセデスを沢城みゆきさん、セレナを潘めぐみさん、竜識者を小山力也さんが演じるなど声優陣は豪華。日本語吹き替えにより、すべてのアクション、RPGファンにさらに愛されるタイトルとなるのではないでしょうか。

すべてが新しいグランシス半島の冒険が、いま始まります。

『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』は、2013年発売予定で価格は未定です。




















(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

(ソース: ドラゴンズドグマ:ダークアリズン)

【関連記事】
『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』黒呪島に潜むモンスターの存在が明らかに
TGS 12: すべての覚者に朗報!『ドラゴンズドグマ』ステージにて新DLC&新作情報解禁
TGS 12: カプコン、『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』緊急発表−最新映像も公開【UPDATE】
《インサイド》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 破壊系レーシング『Wreckfest』PS4/X1版は2017年春に海外リリース

    破壊系レーシング『Wreckfest』PS4/X1版は2017年春に海外リリース

  2. 各ストアが『No Man's Sky』で異例の返金リクエスト対応か―海外ユーザー報告

    各ストアが『No Man's Sky』で異例の返金リクエスト対応か―海外ユーザー報告

  3. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

    『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  4. DLCまで全収録の『MGS V: GROUND ZEROES + THE PHANTOM PAIN』11月発売決定

  5. 『LEGO スター・ウォーズ/フォースの覚醒』4週連続システム紹介動画第3弾「協力プレイ」編公開!

  6. 『バトルフィールド 1』OBTではPS4ユーザーのPS Plus登録は不要

  7. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  8. 『Fallout 4』最終DLC「Nuka-World」解説動画―あのパドルボールも頼れる武器に!

  9. 『ファイナルファンタジー XV』日本語版ゲームプレイ33分―序盤物語が語られる

  10. 【E3 2016】PS4『Days Gone』プレビュー―絶望的オープンワールドサバイバル

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top