ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Ubisoft『Assassin's Creed IV: Black Flag』の「海賊」は子供向けから脱却する

ニュース 最新ニュース


18世紀初頭のカリブで栄えた海賊へフォーカスした『Assassin's Creed IV: Black Flag』について、Ubisoftから面白い声明が飛び出ています。

我々はビデオゲームにおける海賊に、最高のチャンスを見出しました。そう、『Assassin’s Creed III』に海軍が登場した時には海賊ゲームファンから抗議の声が上がりました。彼らがそれ(海賊)を望んでいることは疑いようがありません。

しかし、容易いことではありません。多くの経験を積み、高い技術力のある非常に優秀なチームが求められます。面白い海戦もその1つの要素ですが、さらに面白い船上体験に陸上のゲームプレイもシームレスに混ぜあわせなければなりません。これは非常に難しいことです。

ここまでは既報の通り。興味深いのは以下の部分です。

陳腐な定型表現から脱却するつもりです。例えば、板渡りの刑、肩のオウム、手のフックといったもの。我々は、HBOのリアルな海賊表現を提供するつもりです。それによりエンターテイメントにおける海賊は再定義されるでしょう。もはや子供向けのものではありません。

※HBO: 米大手ケーブルテレビ会社。大人向けのラインナップが充実している。

「海賊」はとかく美化されたりデフォルメ化されたりしがちです。『ピーター・パン』の"フック船長"は言うに及ばず、日本国内の各ファンタジー作品でも海賊を海の支配者や実力者といった具合に解釈するケースが多々あります。

しかし、海賊は古来より存在する明確な犯罪者です。現代の国際法上は「人類共通の敵」とされます。甚だ簡単に要約すると、海賊行為と判断されたらわりと問答無用で処罰されるということ。また、現在でも被害はしばしば発生しており、重火器で武装した海賊により商船が襲われる事件もいくつかありました。とかく防御一辺倒に思われがちな海上自衛隊も護衛任務に赴くほどです。

『アサシンクリード』シリーズは当時の世界のリアルな息遣いを感じさせる造りに徹底してきました。たとえば先日捕鯨の要素が動物愛護団体から批判されたことも、シリーズに脈々と流れるリアリティ志向の片鱗に他なりません。生々しい現実を再現することが犯罪礼賛に繋がるのか?といったテンプレ議論はさておき、『4』も相変わらず"正確な"世界を構築しようとしているようです。(ソース: MCV via: Nintendo Everything)
【関連記事】デンマークのニュース番組がシリア情勢の報道で『Assassin’s Creed』の画像を誤って使用
ジャングルや海戦シーンを収めた『Assassin’s Creed 4』最新スクリーンショット&アートワーク
噂: 更なる新作『Assassin's Creed: Rising Phoenix』が登場?海外でイメージがリークか
『Assassin's Creed IV』の“捕鯨”要素巡りUbisoftがPETAの抗議に回答
動物擁護団体PETAが『Assassin's Creed IV』の“捕鯨”要素に抗議
《Gokubuto.S》

ニュース アクセスランキング

  1. インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

    インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

  2. F2Pシューター『Halo Online』開発中止、正式リリースならず

    F2Pシューター『Halo Online』開発中止、正式リリースならず

  3. 『レインボーシックス シージ』最新アプデ配信時間が告知―日本語パッチノートも

    『レインボーシックス シージ』最新アプデ配信時間が告知―日本語パッチノートも

  4. 『Star Citizen』アルファ版2.5が配信開始―アウトロー向け新ステーションなどが実装

  5. 噂: 『Duke Nukem』謎のカウントダウンの正体を海外サイトが報告

  6. 『ポケモンGO』アップデート実施―ポケモンの強さを評価してくれる機能が実装

  7. Wargamingの新作4Xストラテジー『Master of Orion』がSteam正式リリース

  8. 『Halo Online』ModderにMicrosoftが警告、特殊ツールに著作権侵害を申し立て

  9. 『Rainbow Six Siege』海外パッチノート!Pulse/セミオートショットガンをバランス調整

  10. 『ウィッチャー3』GOTY版と通常版のセーブデータが非互換な理由が判明

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top