“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

PAX East: Cliffy Bキーノート「ゲームファンはどこよりも平和的な人々」

March 24, 2013(Sun) 02:14 / by Rio Tani


PAX East初日、ボストンコンベンションセンター3Fの数千人規模を収容するメインシアター(Ballroom)で、元Epic GamesのゲームデザイナーCliff Bleszinski氏のキーノート“Storytime with Cliff Bleszinski”が実施。開始前から長蛇の列ができ、巨大なホールはあっという間に満席状態。そのカリスマ性と人気ぶりは並大抵ではありません。

キーノートは、まず話題のVRヘッドセットOculus Riftへの強い関心が示された後“ストーリー”すなわちCliffy Bの幼少時代にまでさかのぼる過去、そして自身がビデオゲームに身を投じることになったルーツが深く語られました。


任天堂信者だった少年時代、そのおかげで学校でいじめにあった顛末、突然の父親の死、ゲームを通じた妻との出会い、そして結婚、現在に至るまで、様々なエピソードがお得意のマシンガン的な早口で次々と語られ、会場ぎっしりのオーディエンスを沸かせる様は、もはやゲームクリエイターというよりエンターテイナーといった方がふさわしいかもしれません。

Cliffy Bは講演の終盤で、コネティカット乱射事件以来、再び取り沙汰される機会が増えたビデオゲームと暴力のトピックにも言及。スポーツの試合などで観客が乱闘する様子を写したスライドを示し、今だかつてゲームのイベントでこのような光景は見たことがない、ゲームファンは紳士的な人々であり、そのコミュニティーはどこよりも平和的であると宣言し、会場から大きな歓声が沸き起こりました。


尚、Bleszinski氏の気になる次回作や今後の動向に関して今回は言及なし。大きな企業で働くのは良いが、ゲームのデザイン面で手の届かないことがある、という趣旨の発言もしていることから、インディペンデントの立場を維持していくことが予想されます。

【関連記事】
「あなたがお金で投票するもの」 Cliffy Bが議論の過熱するアイテム課金について持説を展開
今のビデオゲーム業界は大規模な動乱状態−Cliff Bleszinski
Cliff Bleszinski氏が3月にボストンで開催されるイベントPAX Eastの“Storytime“に登場へ
Cliffy Bが新スタジオ設立を視野に。『BlueStreak』なる新アイデアも
Cliffy BがVGA 2012に出席予定 「何か特別なことをしている」
パリを訪問中のCliffy Bに謎の小包が届く−Ubisoftと極秘に接触か
Cliffy Bが「カプコン、俺を呼んでくれ」とツイート
休暇中のCliffy BがActivision、EA、Zyngaなどの大手企業を訪問
Cliffy Bが『バイオハザード6』をプレイ 「今のところ楽しんでいる」
『Gears of War』シリーズで知られるゲームデザイナーCliff Bleszinski氏がEpic Gamesを退社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image