“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

外骨格宇宙忍者TPS『Warframe』の登録プレイヤー数が100万人突破

April 06, 2013(Sat) 11:15 / by Rio Tani

カナダのデベロッパーDigital Extremesは、同社の手がけるPC用スタイリッシュ外骨格忍者Sci-Fiサードパーソンアクションゲーム『Warframe』のプレイヤー数が100万人を突破したことを発表しました。

この記録は、3月18日週のオープンベータテスト実施以来2週間足らずで達成したもので、プレイヤー分布は100以上の国に及ぶとのこと。本作はFree-to-Playモデルというとっつきやすさに加え、日本語に対応、さらにSteamでも配信開始されたことで、国内でも徐々にファンが増えつつあります。

『Warframe』はF2Pタイトルでありながら、Digital Extream自社エンジンによるトリプルA品質のグラフィックと十分にチューニングされたゲームプレイを備え、同じF2P人気作『League of Legends』などとは対照的に、PvE(プレイヤー対エンバイロンメント)に特化しています。(ソース: プレスリリース via Blue's News)

【関連記事】
GDC 13: プロシージャルなマップ生成で繰り返し遊べるシューターを目指す『Warframe』セッション
ニンジャプレイフリー!SF外骨格ニンジャアクション『Warframe』がSteamでもサービス開始
日本語化されたF2P Co-opシューター『Warframe』プレイレポ−SF外骨格ニンジャとなって太陽系を救え
SF外骨格×ニンジャCo-opシューター『Warframe』の美麗な初ゲームプレイ映像がリーク
F2P形式のニンジャ風Co-opマルチプレイヤー『Warframe』のクローズドベータが開始
2つのクラスを紹介する『Warframe』最新デベロッパーダイアリー映像が公開
『Warframe』最新トレイラー!SFニンジャ風のクールな外骨格アクションが見参
Digital Extremes、F2Pの新機軸Co-opシューター『Warframe』を発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image