噂: Respawnの第1弾タイトルは次世代Xbox独占で発売、歩兵&メックのSFオンラインシューターに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: Respawnの第1弾タイトルは次世代Xbox独占で発売、歩兵&メックのSFオンラインシューターに

家庭用ゲーム Xbox360

『Modern Warfare』シリーズを開発していたInfinity Wardの元中心メンバーが集まり結成されたRespawn Entertainment。同スタジオが長年開発を続けている第1弾タイトルが、歩兵&メックのオンラインシューターとなり、次世代Xbox限定でリリースされるのではないかというニュースが海外サイトKotakuにて報じられています。

ゲーム業界の暴露話でも有名な海外サイトKotakuが事情に詳しい2人のソースより得たという今回の情報。それによれば、Respawnの第1弾タイトルは未来を舞台にしたマルチプレイヤーオンラインシューターとなり、巨大な戦士と羊飼いが戦った「ダビデとゴリアテの戦い」(旧約聖書にある話)を描いた作品になると解説。重武装をした歩兵集団と、兵士が操作可能な巨大ながらも機敏に動く外骨格タイタンが登場するのだと語っています。なおタイタンは先日Respawnが商標登録を行なっていたワードでもあります。

■ゲームプレイに関する噂ディテール
  • オンラインマルチプレイをメインにしたシューター
  • プレイ人数は最大16人だがAIキャラクターが登場し大規模な戦闘が再現される
  • 重武装の歩兵集団と機敏に動く巨大外骨格タイタンが登場
  • タイタンは巨大なメックスタイルのウォーカーながら、他のメックゲームには見られないほどの機動性を持つ
  • ゲームバランスのためタイタンはマップ毎に数が制限されている
  • 武器ロードアウトはタイタンから降りても戦えるようにデザインされている
  • 武器&スキルはキル数、アシストキル数などによってアンロックされるRPGスタイルで進行していく
  • 初心者でもAIキャラクターをキルすることで経験値を得ることができる
  • Valveの改造版ソースエンジンを使用

またこれに加え2人の情報提供者は本作が次世代Xbox限定で発売される(その内1人はXbox 360で発売されるともコメント)と述べ、Respawn Entertainmentが今後Microsoftとの独占契約の道を進んでいくのか、E3での正式アナウンスを前に大きな注目が集まるところとなっています。
(ソース: Kotaku)

【関連記事】
Respawn Entertainmentが“Titan”なるゲームの商標を申請、新作のタイトル名か
RespawnのJason West氏は家庭の問題で退社−Zampella氏が声明で明らかに
噂: Infinity Wardから離脱しRespawnを設立したJason West氏が退職か、複数の海外サイトが報じる【UPDATE】
Respawnの新作がE3 2013で遂に公開−Zampella氏が予告ツイート
Respawnの新プロジェクト発表は今年のE3でもおあずけに
《ishigenn》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『バイオハザード7』にクリス・レッドフィールドが登場!短編DLCの情報が公開

    『バイオハザード7』にクリス・レッドフィールドが登場!短編DLCの情報が公開

  2. 『仁王』全世界で100万本を突破、2月24日のVer1.04アプデで記念アイテム「黄金の仁王鎧」を配布

    『仁王』全世界で100万本を突破、2月24日のVer1.04アプデで記念アイテム「黄金の仁王鎧」を配布

  3. PS4『ニーア オートマタ』DL版で不具合発生中―公式Twitterにて対処方法を公開

    PS4『ニーア オートマタ』DL版で不具合発生中―公式Twitterにて対処方法を公開

  4. PS4/PC『ゴーストリコン ワイルドランズ』オープンβ開始!―Web限定実写CMも公開

  5. 日本語版『Fallout 4 Pip-Boy エディション』開封レポート!

  6. 『GRAVITY DAZE 2』「クロウ」が主役の大型DLCが3月21日配信、価格は無料で本編のやりこみ要素も追加

  7. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

  8. 『Halo』シリーズ次回作からは「画面分割」を再び取り入れる―343 Industries代表

  9. Insomniac代表、『Sunset Overdrive』続編展開に意欲も「Microsoftに」

  10. スイッチ版『スカイリム』はリマスター版か否か?海外メディアがハワード氏へ直撃

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top