“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『Call of Duty: Ghosts』のティザーサイトにて謎の暗号が登場、ゲームの舞台は南米ベネズエラ?

May 18, 2013(Sat) 12:03 / by ishigenn

5月21日のXbox Revealイベントに合わせた正式アナウンスが待たれるシリーズ最新作『Call of Duty: Ghosts』ですが、更新が密かに続けられている同作のティザーサイトにて新たに2種類の謎の暗号が登場し、きたる本作のロケーションに関する情報を暗に示しているのではないかとして注目を集めています。

新たに登場した番号“10.480891 -66.903648”は、位置情報としてGoogleマップなどで検索すると南米のベネズエラ首都カラカスの中心地にあるルーズベルト通りとメディオ通りの交差点を示しています。死者をも出した政治的危機や経済と治安の悪化、物資の不足といった情勢が渦巻くベネズエラは、アメリカからの内政干渉による強い影響が出ていることも囁かれており、『CoD: Ghosts』に似合った舞台ではないかと見られるところ。




なおもう1つの暗号はその大部分が白塗りで覆い隠されており、わずかに“183 84”の数字が見えるのみとなっています。
(ソース&イメージ: Call of Duty: Ghosts)

【関連記事】
PC版『CoD: BO2』の新たなパッチが開発中、『Ghosts』特典のcamo配信も視野に
今週発売の新作ゲーム『Metro: Last Light』『DUST 514』『マブラヴ オルタネイティブ トータル・イクリプス』他
『Call of Duty: Ghosts』の開発に前作MW3のSledgehammerは参加せず、現在は自社タイトルを進行中
『Call of Duty: Ghosts』が正式発表! ワールドプレミアは5月21日に
『Call of Duty: Ghosts』が遂に始動、公式Facebookページが開設
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image