Xbox Oneは手数料無しでも中古売買が可能など、Microsoftがライセンスに関する重要な詳細を公式ブログにて発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Xbox Oneは手数料無しでも中古売買が可能など、Microsoftがライセンスに関する重要な詳細を公式ブログにて発表

ニュース 最新ニュース

Xbox Revealイベントでのアナウンスを終えてから多くの情報が国内外のメディアにて伝えられていたXbox Oneの中古売買に関するディテールですが、本日Microsoftが公式ブログXbox Wireにて改めてこの件に触れ、実際には手数料を必要とせずに中古の売り買いが行えることを明らかにしました。

この他にもMicrosoftがポストしたXbox Oneの記事によれば、Xbox Oneではインストールしたゲームをユーザーと最大10人の家族メンバーによって“どのXbox One”からもプレイ出来るようになるとのこと。詳細は以下の通り。

  • Xbox One向けのゲームは発売と同時にディスクとデジタル両方で利用可能になる。ディスクはゲームを素早くインストールする最良の手段として継続される
  • 一度サインインとインストールを完了すればゲームのデジタルコピーはコンソールとクラウドに保存される。そのためXbox Oneのライブラリからディスク無しでゲーム全体にアクセスすることが可能
  • ゲームをインストールしたXbox Oneコンソールでは例えユーザーがログインせずとも誰でも無制限にゲームをプレイすることが可能
  • Xbox Oneでは新しい方式で家族がゲームにアクセス出来るようになった。ユーザーは最大10人の家族メンバーを設定可能で、メンバーは“全てのXbox One”からログインして共有ライブラリのゲームをプレイすることが出来る。友人の家で共有ライブラリのゲームをプレイすることも可能。購入ユーザーは常にプレイ出来るが、ファミリーメンバーは一度に一人しかプレイ出来ない
  • Xbox Oneは“ゲームパブリッシャーがユーザーのゲームを加盟店にてトレード可能に出来るよう”にデザインされている。ゲームの譲渡を認めており、Microsoftはプラットフォームの手数料を小売店やパブリッシャー、消費者に請求はしない
  • Xbox Oneは“ゲームパブリッシャーがユーザーより友人にディスクベースのゲームをプレゼント可能と出来るよう”にデザインされている。譲渡に対して手数料の請求は発生しない。譲渡には2つの条件があり、最低30日間フレンドとなった人物にしか送れず、それぞれのゲームは一度しか譲渡することが出来ない

なお“パブリッシャーが可能なようにデザインされている“という文章を用いていることからもわかるように、譲渡や中古販売による手数料の有無はパブリッシャーの方針次第であるとブログでは伝えられています(恐らくオンラインパスなどの存在を指していると思われる)。そしてMicrosoft Studiosは、上記のように中古販売や譲渡において手数料を得ない方針でいくとのことです。
(ソース: Xbox Wire)

【UPDATE】インターネット接続に関する記事を公開しました。また記事中の文章を一部修正しました

【関連記事】
HarmonixがXbox One/Xbox 360向けの新作音楽ゲーム『Fantasia: Music Evolved』を発表
デベロッパーが自由に追加出来るXbox Oneの実績数は月に上限がある―Microsoft
伊AmazonにXbox One版『Dragon Age 3: Inquisition』がリスト
Xbox One向けRemedy新作ゲーム『Quantum Break』のボックスアートが公開
『Mirror's Edge 2』がドイツAmazonに続きイタリアAmazonにも一時的に掲載、今度はXbox One版が登場
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. 『DARK SOULS III』次期アップデート早くも発表―DLCのシステム追加対応など

    『DARK SOULS III』次期アップデート早くも発表―DLCのシステム追加対応など

  2. 噂: 『Red Dead Redemption 2』商品情報が海外小売店に掲載

    噂: 『Red Dead Redemption 2』商品情報が海外小売店に掲載

  3. 『DARK SOULS III』アップデート1.11発表―新DLC対応や武器調整など

    『DARK SOULS III』アップデート1.11発表―新DLC対応や武器調整など

  4. 『Outlast 2』豪州での発禁が撤回、「18+」で発売へ

  5. カプコン小野氏がマーベルのオフィス訪問―『MARVEL VS. CAPCOM: INFINITE』新情報まもなく?

  6. テロ発生の4時間を描く一人称ADV『The Occupation』発表―様々な証拠が国の行く末を決める

  7. Steam版『ニーア オートマタ』ストアページ公開―2Bの後頭部にあのバルブが!

  8. 人気農場シム『ファーミングシミュレーター17』国内PS4版発売へ―Modもサポート!

  9. 『レインボーシックス シージ』Year 2ロードマップ!韓国/スペイン/香港/ポーランドから参戦

  10. 『Mass Effect: Andromeda』日本版発売予定は無し―EA Japan明かす

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top