カプコン、『ロスト プラネット 3』の主人公の目的やゲーム序盤の流れなど最新情報を公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

カプコン、『ロスト プラネット 3』の主人公の目的やゲーム序盤の流れなど最新情報を公開

家庭用ゲーム Xbox360


カプコンは8月29日に発売を予定しているPlayStation 3およびXbox 360専用ソフト『ロスト プラネット 3』の最新情報を公開しました。今回は極寒の惑星「EDN-3rd」を舞台に、主人公であるジム・ペイトンに与えられる目的やゲーム序盤に繰り広げられる強敵との激しい戦闘などの流れ、EDN-3rdの活動拠点となる「コロニス」の施設などが紹介されています。

厳しい環境に置かれながらも多くの開拓者たちがEDN-3rdに訪れる理由は、その惑星には「サーマルエナジー(T-ENG)」と言われる未知のエネルギー資源が豊富に眠っており、T-ENGが地球のエネルギー危機を救うことができる可能性があるためとしています。ジムはそのT-ENGを回収するという任務を開拓責任者でありボスのブラドックより与えられます。



T-ENGはEDN-3rdの地下の洞窟に存在する「エネルギー溜まり」という場所に大量に眠っており、ブラドックによるとエネルギー溜まりに設置したデータポストから大量回収が可能であると言います。しかし、そのエネルギー溜まりに行き着くまでには、障害となる「エイクリッド(AK)」と呼ばれる強敵が待ち受けています。




また、ジムの頼れる相棒であるユーティリティ・リグ(UR)は、ジム1人で立ち向かうには苦戦必至だったAKを難なく蹴散らすことができる他、開拓作業に使われる施設の不具合を修理することもできるといった機能も紹介されています。



EDN-3rdの活動拠点となる「コロニス」では、宿舎や武器の購入、URの強化ができる施設があり、施設を利用するには回収したT-ENGが通貨の代わりとして使われるため、ゲームを進めるにはより多くのT-ENGを回収していくことが必要となります。




PlayStation 3およびXbox 360専用ソフト『ロスト プラネット 3』は、6,990円(税込)で8月29日に発売予定です。
(ソース:プレスリリース)
《インサイド》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

    『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  2. 海外レビュー速報『Horizon Zero Dawn』

    海外レビュー速報『Horizon Zero Dawn』

  3. PS4『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信決定!オンライン対戦実装の大型無料アプデも予定

    PS4『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信決定!オンライン対戦実装の大型無料アプデも予定

  4. MSフィル・スペンサーが来日予定、国内大手メーカーと会談か

  5. 『ファイナルファンタジーVII リメイク』『キングダム ハーツIII』のスクリーンショットが海外イベントで披露!

  6. 巨躯との熱戦も!『Horizon Zero Dawn』海外ゲームプレイ集

  7. 『ニーア オートマタ』新TVCMが公開中…「命もないのに殺し合う」

  8. 盗まれたニンテンドースイッチ本体が流出―米任天堂が明らかに

  9. 文明絶頂から崩壊1000年後までを映す『Horizon Zero Dawn』タイムラプス映像

  10. PC/PS4『ゴーストリコン ワイルドランズ』国内オープンベータ実施決定!2月24日より

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top