ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Pro Evolution Soccer 2015』はゲーム内課金を採用、プレイスタイルの選択肢を用意

ニュース ゲーム業界

海外コナミにより発表された『Pro Evolution Soccer 2015(邦題: ウイニングイレブン 2015)』。サッカーゲームとして『FIFA』シリーズと人気を二分するシリーズの最新作ですが、同作にて採用となるゲーム内課金について、ヨーロッパのコナミスタジオのトップであるJames Cox氏が海外メディアに向けて説明しています。

Coxs氏曰く、ゲーム内課金はゲームモードのひとつである「myClubモード」にて採用されていると解説。プレイヤー自身で様々なクラブや代表の選手を集め、自分の理想のチームを作りあげる同モードですが、これまでのmyClubモードと同様にゲーム内通貨となる「Game Points」も存在。様々な選手を自分のチームへ移籍させる際に必要な契約金などを、同作をプレイすることで得られるこの「Game Points」で支払えますが、今作ではゲーム内課金を行うことでも「Game Points」を獲得可能です。

今回のゲーム内課金採用については「あまり長い時間プレイできない人にとっての選択肢を作った」と、課金を行うことでしか体験できないことなどはなく、あくまでも時間をかけられないプレイヤーも時間をかけられるユーザーと同様に、自身が望む体験をするための措置であることを語っています。

「時間がある人も居れば、お金がある人も居る。その両方が少しずつある人も居る。選択はユーザーに任せる」との説明をしているCox氏。日本版においてこのゲーム内課金が採用されるかは不明ですが、これまでの同シリーズのスタイルはそのままに、「時間を買う」プレイヤーも出てくることとなるかもしれません。
《Hanzo》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 61 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Amazon Game Studios、PCタイトル3本を海外発表!サンドボックスやTPSなど

    Amazon Game Studios、PCタイトル3本を海外発表!サンドボックスやTPSなど

  2. 『ぺルソナ5』出荷数が55万本突破!記念イラスト&無料キャンペーンも

    『ぺルソナ5』出荷数が55万本突破!記念イラスト&無料キャンペーンも

  3. 手のひらサイズの「ファミコン」に名作30本収録!「ニンテンドークラシックミニ ファミコン」発表

    手のひらサイズの「ファミコン」に名作30本収録!「ニンテンドークラシックミニ ファミコン」発表

  4. PS4/XB1版『XCOM 2』が遂に国内配信開始!XCOM部隊は新たな機種へ

  5. 『レインボーシックス シージ』最新アプデ配信時間が告知―日本語パッチノートも

  6. 『No Man's Sky』英広告規制局がSteamストアの調査を開始―誇大広告の疑い

  7. 世界最大の音楽ストリーミング「Spotify」が国内PS4/PS3などで解禁へ

  8. 『Fallout 4』最終DLC「Nuka-World」国内配信日が9月下旬に決定!ニコ生も放送予定

  9. 新作アクションRPG『Cyberpunk 2077』の一部ディテールが判明か―シームレスなマルチプレイヤーも?

  10. 3D美少女モデル「ヴィエンヌ」と「リナ」の無料配信スタート、VRコンテンツ向けに制作

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top