“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『Pro Evolution Soccer 2015』はゲーム内課金を採用、プレイスタイルの選択肢を用意

July 08, 2014(Tue) 01:04 / by Hanzo

海外コナミにより発表された『Pro Evolution Soccer 2015(邦題: ウイニングイレブン 2015)』。サッカーゲームとして『FIFA』シリーズと人気を二分するシリーズの最新作ですが、同作にて採用となるゲーム内課金について、ヨーロッパのコナミスタジオのトップであるJames Cox氏が海外メディアに向けて説明しています。

Coxs氏曰く、ゲーム内課金はゲームモードのひとつである「myClubモード」にて採用されていると解説。プレイヤー自身で様々なクラブや代表の選手を集め、自分の理想のチームを作りあげる同モードですが、これまでのmyClubモードと同様にゲーム内通貨となる「Game Points」も存在。様々な選手を自分のチームへ移籍させる際に必要な契約金などを、同作をプレイすることで得られるこの「Game Points」で支払えますが、今作ではゲーム内課金を行うことでも「Game Points」を獲得可能です。

今回のゲーム内課金採用については「あまり長い時間プレイできない人にとっての選択肢を作った」と、課金を行うことでしか体験できないことなどはなく、あくまでも時間をかけられないプレイヤーも時間をかけられるユーザーと同様に、自身が望む体験をするための措置であることを語っています。

「時間がある人も居れば、お金がある人も居る。その両方が少しずつある人も居る。選択はユーザーに任せる」との説明をしているCox氏。日本版においてこのゲーム内課金が採用されるかは不明ですが、これまでの同シリーズのスタイルはそのままに、「時間を買う」プレイヤーも出てくることとなるかもしれません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


評価の高いコメント

  • 2014年7月8日 01:29:58 ID: qDs1fFoy4BGj
    4 スパくんのお友達さん
    通報する

    時間がない人用に最初から100億ユーロくらい持ってるイージーモードがあればいいだけだろ

    時間がない人向けなんてのは方便

  • 2014年7月8日 01:54:10 ID: YjmvZoN59vak
    9 スパくんのお友達さん
    通報する

    日本ゲーム会社はもうダメだろ
    利益出すのは大切だが
    目先の金に捉われすぎてゲームを面白くしてユーザーを増やそうという気概がまったく感じられない
    もしもしゲーだけ作ってろ。もう日本ゲーム会社になんの期待もしてねーよ。
    潰れても結構。むしろそのほうが海外で変な課金方法出されて変に広まるのも嫌だし。

  • 2014年7月8日 01:24:58 ID: 0JppYEQ3DZbm
    3 kaiさん
    通報する

    ”長い時間プレイできない人向け”
    それならなぜゲーム内通貨の「Game Points」とやらを無償で配るようなシステムにしないんだ
    もとからあるシステムなら無料でもいいだろうが
    なんでわざわざ金が必要なんだよ

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 61 件

no image