“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『鉄拳7』で格ゲー史上初のカメラギミックが実現?開始位置がどっちも1P/2P側になる新システム採用か

『鉄拳7』で格ゲー史上初のカメラギミックが実現?開始位置がどっちも1P/2P側になる新システム採用か

January 06, 2015(Tue) 12:11 / by subimago

シリーズ最新作『鉄拳7』のプロデューサーを務める原田勝弘氏が投稿したTweetの中で、同作に導入される可能性がある新たなカメラシステムについて言及されています。


原田氏が投稿した内容では、左右に分かれてそれぞれキャラクターを操作する既存のゲームシステムに変化を与える新要素を確認することが出来ます。1P/2Pのどちらのプレイヤーも同じサイドを初期配置としてスタートすることが出来るようになり、コマンド入力などのプレイフィールの差異を減少させることが可能となる模様です。

また、TwitLongerでは、レンダリングカメラを利用することで実現の可能性が生まれたこのシステムの解説をチェックすることが可能です。店内対戦や店舗間通信対戦を好むユーザーにとっては興味深いギミックとなることが期待されるので、『鉄拳』シリーズプレイヤーや格闘ゲームファンの方は目を通してみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


評価の高いコメント

  • 2015年1月6日 13:12:18 ID: n/OBn1LNn0V5
    12 スパくんのお友達さん
    通報する

    原田曰く、簡単そうで意外と難しくて
    今まで実現出来なかったみたいね

  • 2015年1月6日 12:14:13 ID: w66FRQ7c0hbd
    1 スパくんのお友達さん
    通報する

    わぁいこれでいつでも2Pがわでステステできるね!

  • 2015年1月6日 12:18:34 ID: aagosmYXnnC5
    2 スパくんのお友達さん
    通報する

    すげぇ・・・
    コロンブスの卵だな

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 34 件

no image