“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

セガ ロゴ

噂: かつてセガとソニーが共同で家庭用ゲーム機を開発しようとしていた―元セガ幹部が告白

February 25, 2015(Wed) 17:06 / by 菜種

セガ オブ アメリカの元CEOであるTom Kalinske氏が、ソニーと共同で家庭用ゲーム機開発を行う合意が90年代にあったことを明らかにしました。

この件については、以前から噂として何度か浮上したことがありますが、今回は当事者の口から語られました。

それによると提携は、セガ オブ アメリカと、当時Sony Interactive CEOだったOlaf Olafsson氏と、Sony Corporation of Americaのプレジデント兼CEOだったMickey Schulhof氏の間で持ち上がった話で、両社が共同で次世代機の開発をするというもの。 開発コストやロンチ後数年間は生じるであろう損失を共有し、ソフトウェアの売り上げでそれらをカバーする予定でした。

これはすばらしい案であり、必ず成功すると感じていたKalinske氏ですが、最終的には日本側の判断で実現はできませんでした。 そして、ソニーはその後プレイステーションを開発し、成功することとなるのです。

Kalinske氏は、この時の判断をビジネス上の最大のミスであったと批判しており、もはや日本側は正しい決断ができないと失望。 その後セガから離れることを決意した理由の一つとなったと語っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


評価の高いコメント

  • 2015年2月25日 18:05:55 ID: ssV6dUZG4sJo
    15 スパくんのお友達さん
    通報する

    つまり、北米セガが日本セガを出し抜こうとして失敗したから
    日本がセガサターンを推進するなか
    北米セガはメガドライブ強化のスーパー32Xを作り出すというチグハグな愚作に乗り出したせいで両機種(周辺機器)共倒れした上に史上最悪の周辺機器として歴史に残ったわけだな
    そして、そもそもスーパー32はセガ自身で次世代機を出さない事を想定してた物になるのかな?

    日本セガには正しい決断は~とか以前に、こいつの腹いせに振り回された形じゃねえか

  • 2015年2月25日 17:09:32 ID: 1ASUtSw3wJp0
    1 スパくんのお友達さん
    通報する

    dream stationが出ていたかもしれない.....

  • 2015年2月25日 17:46:52 ID: wAb+P/o/crt1
    11 スパくんのお友達さん
    通報する

    任天堂とこじれたからSEGAに打診したって感じがしないでもない

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 31 件

no image