ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

海外レビューハイスコア『ゼノブレイドクロス』

海外レビューハイスコア『ゼノブレイドクロス』

December 14, 2015(Mon) 22:00 / by subimago



Multiplayer.it: 96/100
    『ゼノブレイドクロス』は判断の難しいゲームだ。我々が経験してきた他のJRPGとは一線を画していて、そのコンテンツの膨大な量にはただただ驚嘆させられる。

NintendoWorldReport: 95/100
The Escapist: 90/100
Destructoid: 90/100
    『ゼノブレイドクロス』は評価が分かれるゲームだろうし、そのレビューを書くのも非常に興味深いのだが、プレイしてきたここ数週間の間はまるでMMOの世界で過ごしているような気分だ。エグみのあるファンタジー的世界観からは『ゼノブレイド』ほどの魅力を感じられないが、それ以外のすべての点で補われている。

GameTrailers: 86/100


IGN: 82/100


    『ゼノブレイドクロス』は十分なボリュームにサブクエスト、熱中してしまうカスタム要素を持った強靭なRPGだ。

GameSpot: 80/100


    良い点
  • 壮大なスケール感
  • 息を呑むほど素晴らしい景色
  • 魅力的なクリーチャーデザイン
  • 膨大な量のアンロック要素とクエスト
  • エキサイティングな地上戦とメックコンバット
  • 奥深いキャラクター成長要素とカスタマイズ

  • 悪い点
  • まとまりのないサウンドトラック
  • あやふやなシステム面
  • がっかりするようなシナリオ


Post Arcade (National Post): 75/100
Game Informer: 73/100
Polygon: 70/100
Kill Screen: 50/100
    いろいろなものが織り交ざった巨大な信念以外に見どころはない。『ゼノブレイドクロス』は本当に巨大だし巨大なのはいいことだ。だが、(中身は)まるで血の通っていない、はじめから死んでいるロボット犬を撫でてるような感覚だ。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

海外で12月1日よりリリースされたWii U向けタイトル『ゼノブレイドクロス(Xenoblade Chronicles X)』の海外レビューをお届けしました。Metacriticでの平均スコアは84点。合計53件のレビューのうち47件が高評価、6件が賛否両論と、全体を通して高めの点数が目立っています。

レビューの見どころとなったのはその膨大なスケール感。90点を越える高評価レビューでは「判断が難しい」「評価が割れる」と評されながらも、美麗なグラフィックスやボリューム満載のゲーム性には好感触なコメントが寄せられていました。戦闘や成長/カスタマイズ要素についてもやり込みがいのあるギミックとして高く評価されているようです。しかしながら、一部レビューではサウンドトラックやシステム面の不備といったマイナス要因も挙げられています。



本作は2015年4月29日より日本国内でリリース済み。海外では半年以上の月日を開けた発売となりましたが、ユーザーレビューにおいても504件中444件が高評価、14件が賛否両論、46件が低評価。平均8.9/10点と、なかなかの好スコアを叩き出しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

特集


評価の高いコメント

  • 2015年12月15日 02:14:55 ID: /m6Z32zoa5zx
    39 スパくんのお友達さん
    通報する

    まあでも出来はともかくとして、これやMGS5は国内でもっと評価された方がいい
    上の人が書いてるが、まずその開発にかけた労力に対してそれなりの敬意を払った方がいい。日本の場合、まあ海外でもそうなんだけど、気に食わない要素が1つあるだけでレビューが炎上したり感情的に0点をつける人が多い
    しかしこういったゲームがなくなり、ソシャゲだらけになる方が問題な訳で、まずはその労力の部分に一定の敬意を払い、良い部分を積極的に評価した方が次につながると思う。足の引っ張り合いをしてる場合じゃないと思うんだ

  • 2015年12月14日 23:21:11 ID: Del4h3fnycmy
    19 スパくんのお友達さん
    通報する

    海外にだって、日本の一部のユーザーと同じく
    MGSやこれをこっぴどく酷評してる人はいるよ

    ただ日本人のゲームレビューが100点満点からの減点方式なことが多いのに対して
    海外の人のゲームレビューは、企業と同じく上限なしの加点方式で見る文化が根強い

    開発チームが目指した展望やプロジェクト自体を評価したり、
    ゲームデザインへの理解を前提したレビューが多いのも特徴的な差異だと思う
    日本人の間でよく聞かれる評価と、これらの海外レビューに温度差があるのも
    レビューをしている人間と、それを見る人間達の感性の違いが現れた結果だよね

    MGSならゲームデザインの素晴らしさや、アクションやギミックの品質
    ゼノクロなら細かな世界観やそれに見合ったゲームデザインとボリューム

    それぞれの長所が100点を超える大きな評価がされた後で、
    そこからストーリーやコンテンツの失速感が引かれた形だけど
    日本人でもこういう見方のほうが共感できるなと思う人が増えてると気がするな

  • 2015年12月14日 22:22:23 ID: qzczTXyHpaff
    7 スパくんのお友達さんさん
    通報する

    正直買ってガッカリって感じだったなぁ
    主人公がシナリオに絡まないくせに妙に頼られるとか、
    折角声優つけてんだからもっと台詞にボイス乗せるとかすればよかったのに
    全然感情移入出来なかったし、物語の根幹になるような謎は投げっぱなしで
    次回を待て。。。って、はぁ?と思った

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 60 件

no image