ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

e-Sportsを一大産業に!『Vainglory』国内大会「RAGE vol.1」記者会見レポ

e-Sportsを一大産業に!『Vainglory』国内大会「RAGE vol.1」記者会見レポ

January 10, 2016(Sun) 22:16 / by 秋夏


2016年1月23日にいよいよ開催される『Vainglory』の国内大会「RAGE vol.1 ~Vainglory Japan Cup~」決勝戦。本大会を前に、2016年1月10日、都内で行われた決勝大会進出チームの対戦組み合わせ抽選、および記者会見の様子を紹介します。

先日行われた決勝戦進出チームを決める「GRAND FINALS出場決定戦」を勝ち抜いたのは、ILLMATIC、PotentiaL、Divine Brothers、Team GLの4チーム。今回の記者会見では、『Vainglory』のオフラインイベントとして国内最大規模であり、国内大会最高の賞金額/会場規模で実施される本大会に出場する4チームの熱い意気込みが語られました。


CyberZ取締役、大友真吾氏

まず、最初に登場したのは、本大会を主催するCyberZ取締役、大友真吾氏。同氏は、今大会がRAGEの「第一弾」という位置付けであると話し、カジュアルなパズルゲームやカードゲームといった対戦型のe-Sportsになりうる作品は今後積極的に取り入れ、日本ならではの発展を目指していく旨を語りました。

さらに大友氏は、「K-1」のような一大ムーブメントをRAGEで作り上げていきたいと述べ、「K-1」がエンターテイメント性を盛り込むことで格闘技に興味のない人を巻き込んだように、日本ではまだ馴染みの薄いe-Sportsを一般化することを目指している、としました。


優勝チームには賞金100万円と『Vainglory』開発元であるSuper Evil Megacorp本社ツアー、「Vainglory国際プレミアムリーグ[VIPL]」への出場権が獲得できます。加えて、2位には50万円と特注フィギュアが、3位4位には25万円が贈呈。さらに全チームには、ゲーマーとしての活動を支える一環として、チーム練習の機会を始めとする毎月のチームオフ会支援権が贈られます。


ILLMATIC


PotentiaL

その後、決勝戦に出場する各チームが登場し、一言ずつコメント。最初にステージに上がったILLMATICのチームリーダーsenpan氏は「見ている皆さんが思わず声を出したくなるようなプレイをしたい」と意気込みを語りました。次に登場したPotentiaLチームリーダーのmasakin氏は「有名なチームではなく、他の3チームは強いですが、下剋上を果たしてぶっ倒してやります」と熱いコメント。3番目は双子がチームに在籍しているDivine Brothers。チームリーダーJohndoe氏は「このチームで優勝します」と力強く宣言しました。そして最後に登場したTeam GLのチームリーダー氏はtatuki217氏は「この大会では絶対に結果を残します」と語りました。


Divine Brothers


Team GL

続いて注目のトーナメント組み合わせ抽選の結果、初戦はILLMATIC vs Team GL、2戦目はPotentiaL vs Divine Brothersという好カードに決定。世界大会「VIPL」出場歴のあるメンバーが在籍中のILLMATIC、Divine Brothersが分かれました。


対戦カード

抽選後には、対戦チーム同士によるトークセッションが行われました。初戦で激突するILLMATICとTeam GLの両チームリーダーsenpan氏、tatuki217氏によると、メンバーたちはよく仲間として一緒にゲームをプレイすることがあり、お互いをよく知っていると明らかにしました。また、前回対戦した際は、ILLMATICが勝利したとのことです。


Team GL(左)vs ILLMATIC (右)

続く第2戦で戦いを繰り広げる予定のDivine BrothersとPotentiaLは東西対決。Divine BrothersチームリーダーのJohndoe氏は、対戦相手がPotentiaLに決定したことについて、「一戦目もらったな」と語り、PotentiaLのメンバーUCivilhijiri氏と行った練習試合では一度も負けなかったそうです。一方でそのUCivilhijiri氏は、PotentiaLのメンバーが練習試合時とは異なるため、このメンバーで返り討ちにすると意気込みました。


PotentiaL(左)vs Divine Brothers(右)


出場選手集合!

そして最後に出場選手全員が集合したフォトセッションが行われると、今回の記者会見は終了。その後、CyberZ取締役、大友氏に今大会の楽しみ方を伺うと、『Vainglory』未プレイヤー/初心者プレイヤーが楽しめるような工夫をしていく、と述べました。具体的には、「選手」にスポットライトを当てた演出や、スポーツ観戦のように楽しんでもらうため、来場者全員にスティックバルーンとスポーツタオルを配る取り組みを明かしてくれました。


『Vainglory』の国内大会「RAGE vol.1 ~Vainglory Japan Cup~」GLAND FINALSは1月23日(日)12時よりベルサール秋葉原にて開催予定。大会当日はOPENREC.tvでの生配信はもちろん、現地にも観戦スペースが用意されるとのことです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

特集


評価の高いコメント

  • 2016年1月10日 22:49:54 ID: ZR2yO0ObCRmJ
    2 スパくんのお友達さん
    通報する

    Vaingloryってなに

  • 2016年1月11日 03:42:51 ID: PwOQvTmjQYqp
    9 スパくんのお友達さん
    通報する

    せめて競技がLoLかDotA2ならね・・・
    PCゲームを育ててこなかったのにその文化の上澄みだけすくおうったって駄目よ。

  • 2016年1月11日 09:31:05 ID: 8R44BVMRxvtE
    14 スパくんのお友達さん
    通報する

    e-sportsを流行らせましょう!(スマホ
    はい、末期

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 23 件

no image