ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【60秒アプリタッチ】『勇者ヤマダくん』-おじさまが作るレトロゲーム世界を楽しもう

アプリゲーム iOS

【60秒アプリタッチ】『勇者ヤマダくん』-おじさまが作るレトロゲーム世界を楽しもう
  • 【60秒アプリタッチ】『勇者ヤマダくん』-おじさまが作るレトロゲーム世界を楽しもう
  • 【60秒アプリタッチ】『勇者ヤマダくん』-おじさまが作るレトロゲーム世界を楽しもう


60秒アプリタッチ」は、インサイドとGame*Spark編集部が気になるスマホ向けゲームアプリをピックアップして、60秒の動画で紹介するコーナーです。今回は、一筆書きの要素を取り入れたレトロテイストのRPG『勇者ヤマダくん』をご紹介。制作には『moon』や『チュウリップ』などで知られる木村祥朗氏が参加しています。

勇者ヤマダくん』はインディーゲーム開発を行う冴えない中年男”ヤマダくん(36)”が主人公。その彼が開発したゲームのテストプレイをプレイヤーが手伝うという設定です。ゲームの目的は、ヤマダくんを5×5で作られたフィールドのゴールへ導くために、一筆書きでルートを描くことです。途中、配置されたモンスターと接触すれば自動で戦闘を開始しますが、モンスターによっては遠距離攻撃や魔法を使用してくることも。一方、ヤマダくんも5つまでアイテムを持っていくことが可能で、ポーションや攻撃・防御魔法などを駆使してクリアを目指します。ダンジョン内の宝箱からはアイテムや武器/防具が入手でき、装備品のシリーズを統一するとセット装備効果を得られるシステムもあります。

また、1つのダンジョンをクリアする度にヤマダくんの"かいはつレベル"がアップし、新たなゲームシステムを実装してくれることがあります。それと同時に、ユニークなお客さんの訪問や、お隣に引っ越してきた女子高生”マリアちゃん(18)”とのギリギリ感漂う恋の行方など、各種イベントも気になるところ。ちなみに、全てのタイルを通ってクリアすればボーナスを獲得できるので、上手くモンスターを倒しつつ全タイル踏破可能なルート探しにも是非チャレンジしてみてください。


「60秒アプリタッチ」コーナーへのご意見・ご感想、今後取り上げて欲しいアプリがある方は、お気軽にコメント欄にお寄せください。またスマホゲームの情報に特化したニュースアプリ「Appフェス」では注目作品の攻略記事やプレイ日記をお届け。iOS版 / Android版ともに配信中なので、ぜひチェックしてみてください。
《LayerQ》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

特集

アプリゲーム アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』ユーザー数が減少傾向、1,200万人超が非アクティブに

    『ポケモンGO』ユーザー数が減少傾向、1,200万人超が非アクティブに

  2. 『ポケモンGO』各チームリーダーの姿が明らかに―ポケモンセンターの存在も【UPDATE】

    『ポケモンGO』各チームリーダーの姿が明らかに―ポケモンセンターの存在も【UPDATE】

  3. 『Fallout Shelter』に最新アップデート1.7が配信―ボトル&キャッピーも登場!

    『Fallout Shelter』に最新アップデート1.7が配信―ボトル&キャッピーも登場!

  4. 『ポケモンGO』海外ユーザーが最大レベル40到達、Bot利用のデータ確認目的で【ネタバレ注意】

  5. 『ポケモンGO』で広島の平和記念公園に行ってきた―地方都市レポ

  6. PC/スマホ向けタイトル『アトム 時空の果て』プロジェクト始動!須田剛一や奥浩哉らが手塚キャラをリメイク

  7. 『シャドウバース』新パック「ダークネス・エボルヴ」登場!PC版リリース日&9月アプデ内容も公開

  8. 『Pokemon GO』未発売デバイスの予約注文を謳う出品がeBayに多数出現―2万円超えも

  9. 『ポケモンGO』アップデート配信開始…「強さを評価してくれる機能」に加え、バグ修正も

  10. 噂の『ポケモンGO』伝説ポケモンをナイアンティックが回収―入手経路は謎のまま【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top