ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

【海外ゲーマーの声】カルト的?人気を誇る「海外リリースが待たれる国産ゲーム」

【海外ゲーマーの声】カルト的?人気を誇る「海外リリースが待たれる国産ゲーム」

February 02, 2016(Tue) 22:00 / by subimago

今回の「海外ゲーマーの声」では、「Dream of one game localization no one else here would take as their pick(自分以外にローカライズを熱望してる人なんてまったく存在しないであろうゲーム)」と題されたスレッドをご紹介。有名作のみでなく、海外での人気が想像できないような、興味深い作品たちも挙げられています。


「日本産」かつプレイングに「翻訳」を要するようなゲームジャンルで多く求められるのは、やはりセリフなど文字情報量が圧倒的に多い「JRPG」や「ビジュアルノベル」などのようです。『Fate/EXTRA CCC』(PSP)や『アースシーカー』(Wii)、『スターオーシャン ブルースフィア』(GBC)といったタイトルは一部のユーザーからローカライズが期待されており、「未だに英語版を遊びたいと思ってる。いつかなんとかして日本から個人輸入したい」「GBCで出た『Star Ocean: Blue Sphere』はスマホ向けシリーズを除いて、唯一海外でリリースされていないんだ」と、ある種カルト的にも受け取れる熱視線が浴びせられていました。

その他には2005年にリリースされた『ボンバーマンランド3』(PS2)を挙げ、「神に誓ってこれだ。完璧に楽しむために日本語を勉強しようと思ってる」と強烈な意気込みを語るユーザーも。コナミ、タカラ、ハドソンが共同で手掛けた『ドリームミックスTV ワールドファイターズ』は海外在住のゲーマーにとっても夢のような存在らしく、おなじみ“ソリッド・スネーク”に“オプティマス・プライム”、更にはアニメ作品「爆転シュート ベイブレード」主人公などが登場する本作について「良作か駄作かはさっぱり見当がつかないけどとてもやってみたい」と夢を馳せる声も寄せられていました。『スマブラ』シリーズのようなオールスター系作品は、海外ファンにとって特に気になる内容となるのも当然かもしれません。



また、意外にも『ぼくのなつやすみ』、『トロと休日』、『鉄道にっぽん!路線たび』といった日本文化に密接に結びつくタイトルも「ローカライズ熱望作品」として挙げられていました。「すべての『ぼくのなつやすみ』シリーズを持ってるし、今は言葉を勉強してるところ。いつか理解できるようになりたいけど、まだ(有志翻訳の)手助けはできない。でも本当に心の底からローカライズされて欲しいと思ってる」「キャラクターとしてのトロも好きだけど、そもそも日本自体が魅力的」といったような、ゲームから日本の文化に迫ろうとするユーザーも多く見られました。日本人ゲーマーが『GTA』や『アサクリ』を観光気分でプレイできるのと同様、英語圏のゲーマーにとっても国産ゲームはエキゾチックなぶらり旅と言えるのかもしれません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特集


評価の高いコメント

  • 2016年2月2日 22:21:44 ID: NLpIbJY69S5H
    3 スパくんのお友達さん
    通報する

    あっちもこっちと同じような境遇にある場合も結構あるんだろうなぁ
    日本人が英語を学ぶのとアメリカ人が日本語を学ぶのでは後者のほうが大変だろうしね

  • 2016年2月2日 22:04:31 ID: +VtDeKof34rb
    1 スパくんのお友達さん
    通報する

    海外リリース(おま国)

  • 2016年2月2日 23:31:31 ID: XuUIFWxurAnt
    8 スパくんのお友達さん
    通報する

    それでもエスペラント語なら…
    エスペラント語ならきっとみんなが読めるはず

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 20 件

no image