“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

実在した精神病院が舞台の新作スリラー『The Town of Light』がSteam配信開始

実在した精神病院が舞台の新作スリラー『The Town of Light』がSteam配信開始

February 27, 2016(Sat) 11:05 / by RIKUSYO


イタリアのデベロッパーLKA.itが手がける一人称視点のサイコロジカルスリラー新作、『The Town of Light』のPC版がSteamにて配信開始となりました。不気味な雰囲気で心をざわつかせる最新トレイラーも公開されています。


本作はかつてイタリアに実在した精神病院を舞台にしています。同院は一時6,000人近い患者が入院していましたが、電気ショックや患者の拘束など、残酷な“治療”が問題となり1978年に閉鎖。当時は「一度入ると出られない場所」とされていました。ゲームでは記憶を失い精神疾患に苦しむ16歳の少女、Reneeの目を通して院内を探索し、彼女自身の過去を追い求めます。

    主な特徴
  • リアリスティックな3Dグラフィックス
  • 事実や現実の出来事がベース
  • 強いストーリー要素
  • ゾンビや超自然的な存在はいない
  • オリジナル・サウンドトラック


『The Town of Light』の価格は通常1,880円。3月5日までは11%オフの1,673円です。なお、本作はXbox One版の開発も進められています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

評価の高いコメント

  • 2016年2月27日 14:32:13 ID: ODYKLlcfdKnZ
    10 スパくんのお友達さん
    通報する

    日本の精神病院に入院したことあるけど恐ろしい体験だった。毎日薬を出されて飲み続けた結果、身体の自由がきかなくなって、治るどころか歩けなくなった。それでも精神科医は薬を処方し続けるのが謎だった。

  • 2016年2月27日 11:39:24 ID: Ymu7E5p/mMqx
    1 スパくんのお友達さん
    通報する

    怖いというよりも嫌な気分にさせられそう

  • 2016年2月27日 20:09:34 ID: ihQ4pucK6FP9
    18 スパくんのお友達さん
    通報する

    なんて嘘くさいコメ欄

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 25 件

no image