泥濘トラックシム『SPINTIRES』のSteam販売が停止―開発者と販売元のトラブルが影響? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

泥濘トラックシム『SPINTIRES』のSteam販売が停止―開発者と販売元のトラブルが影響?

ニュース ゲーム業界

泥濘トラックシム『SPINTIRES』のSteam販売が停止―開発者と販売元のトラブルが影響?
  • 泥濘トラックシム『SPINTIRES』のSteam販売が停止―開発者と販売元のトラブルが影響?
  • 泥濘トラックシム『SPINTIRES』のSteam販売が停止―開発者と販売元のトラブルが影響?
  • 泥濘トラックシム『SPINTIRES』のSteam販売が停止―開発者と販売元のトラブルが影響?
  • 泥濘トラックシム『SPINTIRES』のSteam販売が停止―開発者と販売元のトラブルが影響?

泥濘の中を突き進むゲームプレイが注目を集めたトラックシミュレーター、『SPINTIRES』のSteam販売が停止されました。先日、Eurogamerが開発者Pavel Zagrebelnyj氏とパブリッシャーOovee Game Studiosとのトラブルを報告していましたが(両者のトラブルは過去にも報告)、それと同時期に行われたアップデート以降ゲームのクラッシュが多発するようになったそうで、コミュニティの一部ではPavel Zagrebelnyj氏が意図的に“時限爆弾”のようなコードを仕掛けたのではないかとも囁かれました


当然ながらPavel Zagrebelnyj氏はこの噂を否定し、ゲーマーに影響を及ぼすようなことはしないとGamasutraに語っています。既にバグは修正されているとのことで(海賊版対策に使用する時間機能にバグがあったようです)、あとはアップロードを行うだけと伝えています。

また、Ooveeもフォーラムにて声明を発表、同様に噂を否定しています。Ooveeによれば先週このバグを確認して以来、Pavel Zagrebelnyj氏とともに対応にあたっており、今まさにテスト中であるとのことです。現在は再びゲームを正しく動作させることに集中しており、詳細な原因の説明や将来のアップデートの計画については後日改めて報告すると締めくくっています。


2015年11月のアップデートトレイラー

Steam Workshopでは様々な車両が投稿されるなど、コアな人気を持つ『SPINTIRES』。本作には他のゲームにはない魅力があるので、なるべく早くこの泥沼の状況から抜け出し、販売が再開できるよう祈ります。

※UPDATE (2015/03/05 02:30): クラッシュを修正するパッチが配信されるとともに、Steamでの販売も再開されました。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 5 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

    【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

  2. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

    今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  3. DMM、低価格4Kディスプレイを発表―50インチが約6万円

    DMM、低価格4Kディスプレイを発表―50インチが約6万円

  4. 『アイドルマスター』がiOS版で遂に海外初進出!海外ユーザーの反応は…

  5. Google Japan年間ベストゲームは『ポケモンGO』!ベストアプリは『AbemaTV』―『シャドウバース』なども

  6. 『ポケモンGO』新ポケモンの登場が確定!

  7. 『デス・ストランディング』採用エンジンは“DECIMA”か―Guerrilla Games製エンジンがベースとの噂も

  8. 【PSX 16】『デス・ストランディング』エンジン「Decima」はGuerrilla Gamesとの共同開発

  9. タイ産の1人称病院ホラー『ARAYA』がSteam Greenlightに登場

  10. ノーティードッグPSデビュー20周年!PS Storeでの記念セールが国内発表

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top