高低差のあるマップで戦え!新生『DOOM』マルチプレイマップ紹介トレイラー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

高低差のあるマップで戦え!新生『DOOM』マルチプレイマップ紹介トレイラー

家庭用ゲーム PS4

高低差のあるマップで戦え!新生『DOOM』マルチプレイマップ紹介トレイラー
  • 高低差のあるマップで戦え!新生『DOOM』マルチプレイマップ紹介トレイラー
  • 高低差のあるマップで戦え!新生『DOOM』マルチプレイマップ紹介トレイラー
!注意!グロテスクな表現や残酷表現が苦手な方、18歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。

Bethesda Softworksは、id Software開発のバイオレンスシューター新生『DOOM』のマルチプレイマップを紹介する最新トレイラーを公開しました。

今回紹介されたマップは合計9つで、他にもBethesda.Netではマップに設置された物体の特徴を紹介。各マップには他の場所へ瞬間移動出来るテレポートが設置されており、人間とデーモンが移動できますがロケットなどの物体は移動できません。


他にも、上階へ移動出来るバウンドパッドや、爆発性ドラム缶や危険物収納缶が設置。また放射性スライム、火炎、エネルギー/プラズマはデーモンに耐性があります。さらに、溶岩と落とし穴も用意されています。以下、各マルチプレイヤーマップの特徴になります。

    ■新生『DOOM』各マップ一覧
  • UACの採掘基地があるExcavation
  • ミドルサイズのヘルにてテレポートや大地の裂け目が用意されたInfemal
  • 火星の地下を舞台にした大規模マップChasm
  • UACの廃棄物処理施設が戦地となるDisposal
  • デーモンに対して実験が行われた先進兵器開発所のHelix
  • 古代の競技場が戦いの場となるPerdition
  • 巨大な骨が存在するヘルが舞台のSacrilegious
  • 溶岩が湧き出るUACの工業施設で戦うHeatwave
  • 左右対称のマップのBeneath

本作はPC/PS4/Xbox One向けに海外で5月13日に、国内で5月19日に発売予定。価格は、7,980円(税別)です。
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 12 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. N64本体をスイッチ用ドックに改造したユーザー現る

    N64本体をスイッチ用ドックに改造したユーザー現る

  2. 『マインクラフト』に戦隊ヒーロー「パワーレンジャー」のスキンパックが登場!

    『マインクラフト』に戦隊ヒーロー「パワーレンジャー」のスキンパックが登場!

  3. 『Destiny 2』新映像でPS4時限独占コンテンツ告知

    『Destiny 2』新映像でPS4時限独占コンテンツ告知

  4. 『ウォッチドッグス2』新たな無料コンテンツ発表、DLC第3弾は4月海外配信

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』先行試射会の6時間でわかったこと

  6. 『デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 アバドン王』が海外PSNにて配信決定

  7. PS4版『FF15』DL版のセールが開催―4月3日までの期間限定!

  8. 家庭用版『マインクラフト』に「グライド ミニゲーム」新登場!―エリトラで滑空レースに挑戦

  9. 『Uncharted: The Lost Legacy』でサリーは主役候補だった―開発裏話

  10. ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top