高低差のあるマップで戦え!新生『DOOM』マルチプレイマップ紹介トレイラー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

高低差のあるマップで戦え!新生『DOOM』マルチプレイマップ紹介トレイラー

家庭用ゲーム PS4

高低差のあるマップで戦え!新生『DOOM』マルチプレイマップ紹介トレイラー
  • 高低差のあるマップで戦え!新生『DOOM』マルチプレイマップ紹介トレイラー
  • 高低差のあるマップで戦え!新生『DOOM』マルチプレイマップ紹介トレイラー
!注意!グロテスクな表現や残酷表現が苦手な方、18歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。

Bethesda Softworksは、id Software開発のバイオレンスシューター新生『DOOM』のマルチプレイマップを紹介する最新トレイラーを公開しました。

今回紹介されたマップは合計9つで、他にもBethesda.Netではマップに設置された物体の特徴を紹介。各マップには他の場所へ瞬間移動出来るテレポートが設置されており、人間とデーモンが移動できますがロケットなどの物体は移動できません。


他にも、上階へ移動出来るバウンドパッドや、爆発性ドラム缶や危険物収納缶が設置。また放射性スライム、火炎、エネルギー/プラズマはデーモンに耐性があります。さらに、溶岩と落とし穴も用意されています。以下、各マルチプレイヤーマップの特徴になります。

    ■新生『DOOM』各マップ一覧
  • UACの採掘基地があるExcavation
  • ミドルサイズのヘルにてテレポートや大地の裂け目が用意されたInfemal
  • 火星の地下を舞台にした大規模マップChasm
  • UACの廃棄物処理施設が戦地となるDisposal
  • デーモンに対して実験が行われた先進兵器開発所のHelix
  • 古代の競技場が戦いの場となるPerdition
  • 巨大な骨が存在するヘルが舞台のSacrilegious
  • 溶岩が湧き出るUACの工業施設で戦うHeatwave
  • 左右対称のマップのBeneath

本作はPC/PS4/Xbox One向けに海外で5月13日に、国内で5月19日に発売予定。価格は、7,980円(税別)です。
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 12 件

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 現実でトリコ飼ってみた?『人喰いの大鷲トリコ』ユニークな海外公式映像

    現実でトリコ飼ってみた?『人喰いの大鷲トリコ』ユニークな海外公式映像

  2. PS Plusの12月配信全コンテンツ情報が公開―1月配信の注目コンテンツも一部公開!

    PS Plusの12月配信全コンテンツ情報が公開―1月配信の注目コンテンツも一部公開!

  3. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

    『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  4. 『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ―無償の愛に心震え、涙が止まらない

  5. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』日本語最新トレイラー、目標は麻薬カルテルの壊滅

  6. ヤギ銀行強盗!『Goat Simulator』DLC「PAYDAY」が国内Xbox One向け配信

  7. 国内PS4版『Fallout 4』が遂にMod対応!最新アップデート配信

  8. 『Halo 5』新アップデートでゲームブラウザ実装、PC版アリーナモードも追加

  9. 『ストリートファイターV』世界王者NuckleDu選手にヒーローインタビュー!

  10. 『オーバーウォッチ』クリスマスイベントは12月13日から?公式からホリデー記念の招待状

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top