ニンテンドースイッチは赤字を出さない価格設定―発売日以降も継続的に出荷、70社以上が100タイトル以上を開発中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ニンテンドースイッチは赤字を出さない価格設定―発売日以降も継続的に出荷、70社以上が100タイトル以上を開発中

家庭用ゲーム Nintendo Switch

ニンテンドースイッチは赤字を出さない価格設定…発売日以降も継続的に出荷、70社以上が100タイトル以上を開発中
  • ニンテンドースイッチは赤字を出さない価格設定…発売日以降も継続的に出荷、70社以上が100タイトル以上を開発中
任天堂は、第77期(2017年3月期)経営方針説明会 / 第3四半期決算説明会にて、ニンテンドースイッチに関する情報を公開しました。

家庭用据置型ゲーム機でありながら、TVがなくても楽しめる「テーブルモード」や持ち運んで楽しめる「携帯モード」などへの切り替えが可能で、「HD振動」や「モーションIRカメラ」を備えたJoy-Conを付属。ユニークな特徴で多くのゲームファンから関心を集めています。

そんなニンテンドースイッチに関する取り組みが、説明会にて明かされました。まず価格設定に関して触れ、本ハードは日本では29,980円で、またアメリカでは299.99ドルで発売しますが、「Wii Uとは異なり、Nintendo Switchはハードウェア単体で、基本的に赤字を出さない価格設定」とのことです。

出荷数は、全世界に向けて2017年3月末までに200万台を出荷予定。また、多くの小売店で予約の受け付けが終了しており、当日販売分を残すのみとなっている模様です。加えて、発売日以降も継続的な出荷ができるよう、供給体制を整える方針と説明しました。

そしてプレゼンテーションでは、50社を超えるソフトメーカーが80タイトル以上を開発中と発表されましたが、その数は更に伸び、現時点で70社以上、100タイトル以上に。この勢いがうまく加われば、本ハードの「継続的な話題の維持および拡大」を目指す方針に大きな拍車がかかることでしょう。今後の展開からも目が離せません。

(C)Nintendo

ニンテンドースイッチは赤字を出さない価格設定…発売日以降も継続的に出荷、70社以上が100タイトル以上を開発中

《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 33 件

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ左ジョイコン認識問題、今後改善へ―任天堂が海外声明

    ニンテンドースイッチ左ジョイコン認識問題、今後改善へ―任天堂が海外声明

  2. PS4版『バイオハザード CODE:Veronica』が独レーティング機関に登録

    PS4版『バイオハザード CODE:Veronica』が独レーティング機関に登録

  3. 独レーティング機関に未発表の『ReCore Definitive Edition』が一時掲載

    独レーティング機関に未発表の『ReCore Definitive Edition』が一時掲載

  4. スイッチ『聖剣伝説コレクション』6月1日発売決定!『聖剣伝説1・2・3』収録、一部マルチプレイなど対応

  5. 『メタルギアソリッド ザ・ツインスネークス』がスイッチへ?開発スタッフ明かす

  6. PS Plus期間限定施策実施中―『GoW』『Until Dawn』が100円・『Tearaway PS4』フリプなど

  7. 【特集】知られざる農機の世界―「ファーミングシミュレーター」をさらに楽しむために

  8. Xbox One下位互換に『デイトナUSA』が新対応!―デイトォーナァアアアア♪

  9. 『オーバーウォッチ』新ヒーロー“オリーサ”日本語版プレイ映像でスキルを予習!

  10. 『CoD: MW Remastered Variety Map Pack』DLC、海外PS4にて配信開始―4種のマップが復活

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top