ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゲームをしながらブチ切れる人達の映像 TOP5

PC Windows

筆者はその昔、アーケードの格ゲーの対戦台で、友人に「台がゆれとる」とつっこまれたことがあります。マリオカートをプレイしながら、思わず上半身が左右に泳いでしまったりするのも典型的な例ですが、ゲームに夢中になって興奮のあまり、知らず知らずのうちに体でリアクションしたり、悲鳴を上げたり悪態をついてしまった経験は誰しも一度はあるはずです。



今回ご紹介するのは、ゲームをプレイ中に“[b]ブチ切れ[/b]”てしまう人達の衝撃映像。強烈なものから順番に、一位から五位までまとめました。これらのビデオに登場する海外ゲーマー達のリアクションは、よくある「だー」とか「やられたー」「この野郎」とか、そんな生易しいレベルではなく、絶叫と破壊、罵倒と断末魔、やりきれなさと憎悪、とでも表現すればいいのか、とにかく見ていると逆に心配になってしまうようなものばかりです。いずれもかなり過激な内容で、年齢制限付きのもののあるのでカクゴして観覧しましょう・・・。

[color=FF2222]!注意!一部過激な内容の映像があります。[/color]

[size=medium][b]第五位:“罵倒と悪態” @Halo 2[/b][/size]





Xbox LiveでHalo 2をプレイしているユーザーです。とにかくすべてが納得いかない、そんな苦悶の様子がひしひしと伝わってきますね。Xbox Liveでこんな相手に出会ってしまったら、あきらめて降参するか、ヘッドセットを外すしかなさそうです。

[size=medium][b]第四位:“隣席者を強襲” @Counter-Strike[/b][/size]





四位に堂々と居座ったのは、PCゲーマーならご存知の方も多いと思われるこちらの映像。なんというかもう、全身から湧き上がる怒りのやり場が見つからない、そんな様子がはっきり映し出されています。Counter-Strikeをプレイしているようですが、隣にいるプレイヤーにフレンドリーショットでもくらったのでしょうか・・・ こんな人が隣にいたらと思うともうネットカフェにいくのも命がけに近いです。

[size=medium][b]第三位:“超頑丈なPCモニター” @WoW[/b][/size]





ナンバー3に見事(勝手に)選出されたのは、驚異の耐久力を誇る壊れないPCモニター!映像のゲーマーは、おそらくWoWの中レベル向けダンジョン“Scarlet Monastry”でMobに巻き込まれて自滅した模様。突如として予期できないような高速パンチを連続で繰り出しますが、無事その衝撃に耐えた液晶モニターに拍手を贈りたいです。

[size=medium][b]第二位:“罵倒と悪態、絶叫と鼻歌” @PS2[/b][/size]





一位と僅差で惜しくも二位に留まったのは、PS2のゲームをプレイしているこちらのゲーマー。ぶち切れ具合もここまでくるとアートの領域。もう何も言うことはありません。ただただ恐ろしいです。

[size=medium][b]第一位:“金切り声による絶叫と歓喜及び熱唱と憤怒” @UT[/b][/size]





問答無用で一位に輝いたのがこちらのドイツ人と思われる少年の映像。彼のすごいところは、もうゲームを始める以前から既に怒る気まんまんなところでしょうか。笑顔で熱唱したかと思えば、次の瞬間にはもうキーボードをぶっ叩きながら激怒しているという、数秒単位で刻々と変化する激しい感情の起伏も特筆すべきものがあります。[size=x-small](イメージ: [url=http://www.flickr.com/photos/tanalee/22846775/]Flickr[/url])[/size]

関連記事:『ロストプラネット』体験版 小さくて読めないゲーム内テキストにゲーマーが激怒
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 【UPDATE】PC版『オーバーウォッチ』新パッチ配信!待望の「ライバル・プレイ」追加

    【UPDATE】PC版『オーバーウォッチ』新パッチ配信!待望の「ライバル・プレイ」追加

  2. ヴィクトリア女王参戦!『シヴィライゼーション VI』国内向けイギリス映像

    ヴィクトリア女王参戦!『シヴィライゼーション VI』国内向けイギリス映像

  3. 恐竜シューター『The Orion Project』盗用疑惑でSteam販売停止―登場武器が『CoD:BO3』と酷似

    恐竜シューター『The Orion Project』盗用疑惑でSteam販売停止―登場武器が『CoD:BO3』と酷似

  4. 『BF1』の戦闘を全アングルで!爆撃機に戦車、ドでかい飛行船内部も

  5. 90年代の日本産STGへの愛が込められた『ザイドニア』プロジェクトが公開

  6. 『LEGO スター・ウォーズ/フォースの覚醒』200人以上のプレイキャラ紹介映像!

  7. CygamesのTCG『Shadowverse』PC版がSteam Greenlightに登録、クロスプレイ対応か

  8. 『Absolver』『Strafe』『Shadow Warrior 2』…Devolver Digitalトレーラーハウスで3作品をチェック

  9. 『Overwatch』ランクマッチの離脱ペナルティーには「シーズン中BAN」も―PTR参加者報告

  10. 殺人鬼vs若者の非対称ホラー『Dead by Daylight』発売日決定!―最新映像も

アクセスランキングをもっと見る

page top