開発者インタビュー『Mass Effect』壮大な銀河のゲームプレイが明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

開発者インタビュー『Mass Effect』壮大な銀河のゲームプレイが明らかに

家庭用ゲーム Xbox360



RPGファンにとって2006年が[b]Oblivion[/b]と[b]Blue Dragon[/b]だったなら、さしずめ2007年は[b]Mass Effect[/b]と[b]Lost Odyssey[/b]という感じでしょうか。海外RPGの第一人者による、壮大なRPG大作。[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Oblivion&kcatid=]Oblivion[/url]方面のファンは、今年はぜひこちらにもご注目。



原文はかなり長いインタビューなのですが、テーマ的に気になるところもズバッと答えてくれています。


Q: 最初に宇宙船を手に入れたら、どこへでも目に入る惑星へ探検にいけるのですか?それとも直線的な展開になるのですか?

A: いいえ、非常にノンリニアなゲームです。Mass Effectの宇宙で何が起きているかが明らかになる印象的なプロローグが終わったら、あなたは宇宙船を指揮して実際に銀河全体へいくことが出来ます。



Q: 私達が、新しい惑星に着くとき一体どれぐらい探索できるのですか?惑星丸ごとですか、それとも一つとか二つとかの訪れる町を見つけられるだけですか?

A: いくつかの惑星は驚くほど大きく、詳細で広がった内部を持ちます。それ以外の惑星では、衛星軌道に乗っていくつかの役立つ無線信号を見つけられるか、何も無いとわかるでしょう。


日本のファンからすると実際のところ最大の疑問は、これ日本語にできるの!?ということだったりもするのですが、この辺は発売前から延々ヤキモキさせ続けたOblivionとは違い、こちらBioware開発Microsoft販売のタッグはXbox1時代にJade Empireで一度日本語版を発売してますので、ローカライズされる可能性は意外に高いのではないかと思います。

また[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Knights+of+the+Old+Republic&kcatid=]Knights of the Old Republic[/url]や[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=101-11512&kword=Jade%20Empire]Jade Empire[/url]は、発売が遅れたものの結局PC版も登場しました。PC版は出るのか?という質問には、現在はXbox360に向けて完全にフォーカスしているとのこと。当然ながらマルチプレイヤーは無いものの、ダウンロードコンテンツによってゲーム銀河を常に拡張していくつもりだそうです。
[size=x-small](ソース: [url=http://xbox360.ign.com/articles/756/756883p1.html]IGN[/url])[/size]

関連記事:『Mass Effect』X06公開ムービー


関連記事:Game Critics Awards Best of E3 2006の受賞作品が発表!


[i]Mass Effect[/i]
過去の記事一覧

Mass Effect (c) BioWare Corp.
《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 「EA パブリッシャーセール」がPS Storeで開催!―PS Plus会員は一部タイトルがさらに10%オフに

    「EA パブリッシャーセール」がPS Storeで開催!―PS Plus会員は一部タイトルがさらに10%オフに

  2. スイッチ本体と『ゼルダの伝説 BotW』限定版の海外公式開封映像!

    スイッチ本体と『ゼルダの伝説 BotW』限定版の海外公式開封映像!

  3. 日本のSFアニメから影響を受けた変形戦闘機STG『宇宙戦士ガラクZ』PS4で2月23日配信

    日本のSFアニメから影響を受けた変形戦闘機STG『宇宙戦士ガラクZ』PS4で2月23日配信

  4. PS4最新作『ニーア オートマタ』各種特典が発表―店舗別特典は5種類

  5. PS4『Horizon Zero Dawn』は800万本売れる―海外調査会社

  6. PC/PS4『ゴーストリコン ワイルドランズ』国内オープンベータ実施決定!2月24日より

  7. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  8. 【GC 2016】Steam版も発売決定した『NieR:Automata』開発者インタビュー

  9. プレイヤーの個性を引き出す『フォーオナー』カスタマイズ要素紹介映像

  10. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top